X線プラットフォームを使用したXRDによる結晶相定性分析、断層撮影法による密度および微細構造の分析結果を組み合わせることで、メゾスコピックからナノスコピックに至る特性を物質特性と相関させて、コンクリートの耐久性を推測することができます。

ラボラトリX線分析装置を使用し、各種のX線分析法を組み合わせてコンクリート片を分析することで、密度、鉱物形成、鉱物分布、微細構造の3次元分析結果を得ました。この分析では、2種類のコンクリートを使用しました。一つは規格砂とセメントで構成されていて、もう一つは砂の一部をガラス粉末で置き換えたもので構成されています。

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報