This application note demonstrates that the Epsilon 4 is capable of analyzing sulfur and chlorine in waste oil.

Waste oil with high chlorine concentrations is considered to be hazardous and must be treated differently than other waste oils. A common problem with the analysis of chlorine by EDXRF is the line overlap with sulfur due to the often high concentrations of sulfur in waste oils. The Epsilon 4 is equipped with a new high resolution SDD detector, which improves the separation of S Kα, S Kβ and Cl Kα peaks.

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報