液体クロマトグラフィーは、試料を個々の部分に分離するために使用される技術です。 この分離は、移動相と固定相の試料の化学的または物理的相互作用より発生します。 混合物が分散するきに採用される多くの固定/移動相の組み合わせがあるため、各相の物理的状態に基づいて分類されるいくつかの異なるタイプのクロマトグラフィーがあります。 最も一般的なクロマトグラフィー技術の液体個体カラムクロマトグラフィーは、液体移動相を利用し個体の固定相を通してゆっくりとろ過することで分離した成分を提供します。

これは、試料の混合物を含んだ加圧された液体溶媒を個体吸着剤で満たされたカラムに通すポンプに依存します。 試料の各成分は、吸着剤とは少しずれて作用するため、異なる成分に対して異なる輸送応力率が発生し、成分がカラムから流出するときに成分が分離することになります。

さまざまな用途に使用できる多数の異なるクロマトグラフィー技術とシステムがあります。 Malvern Panalyticalは、サイズ排除クロマトグラフィー(SEC)用のさまざまなシステムと高度な検出器を提供します。 ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)またはゲル濾過クロマトグラフィーとしても知られているサイズ排除クロマトグラフィーは、対分子量、分子サイズ、固有粘度、分岐またはその他の物理的成分の測定に使用されます。

この技術は、分子サイズ(粒子のストークス半径)に基づいて粒子を分離します。 SECは主にタンパク質、ポリマー、および多糖類などの大型の分子を分析するために使用されます。 SECは、化学的な相互作用や親和性では動作しませんが、クロマトグラフィーカラム多孔質媒体との物理的相互作用により動作します。これは、SEC/GPCと多数の他の液体クロマトグラフィー技術と大きな違いです。  試料とカラムが化学的に相互作用する必要はありません。

SECカラムでは、試料内の小さな分子は多孔質媒体の細孔に入り、長期間留まり、頻繁に多くの細孔に入ることができます。 一方、試料内の大きな分子は、入ることができる細孔のサイズが制限され、大きすぎて細孔に入らない場合、細孔に入る頻度が少なくなるか、単に細孔を通り抜けるだけになります。 このため、大きな分子は小さな分子よりも早くカラムを通り抜けるので、分子が小さくなればなるほど、保持時間が長くなります。   SEC/GPCでは、大きな分子が最初に出てくることに留意してください。