3D構造/画像処理

コンピュータ断層撮影(CT)は、何十年にもわたって医療診断業界で確立されている技術です。 過去数年の間に、産業用3D画像処理技術は、非常に有用な非破壊的分析方法になりました。 この技術を使用すると、対象物体の詳細情報(構造、組成、欠陥/ポアサイズやその分布など)を取得できます。

下記のとおりさまざまな用途において、形成された物体の特性を分析するためにコンピュータ断層撮影を使用することができます。

  • 多孔度測定 
  • 肉厚分析 
  • 繊維配向性など、さまざまな要素の計算…
下記は一例であり、通気コンクリートサンプルの多孔度測定です。

CT_concrete.jpg

pore_size_distribuiton.jpg

Empyrean(エンピリアン)

Empyrean(エンピリアン)

多目的X線回折装置

詳細
詳細
測定タイプ
3D構造/画像処理
技術
X-ray Diffraction (XRD)