レーザ回折測定中にリアルタイムで粒子を観察することで、攪拌と超音波処理、または界面活性剤と安定剤がどのように分散に影響を及ぼすのかについて理解を深めることができます。 サンプル粒子の静止画像・動画や測定結果をワンクリックで取り込めるため、測定のトラブルシューティングやメソッドのバリデーションの裏付けとなる、ISO 13320:2009、USP<429>などの規格に準拠した効果的な証拠が迅速に得られます。

  • お使いの粒子を視覚化
  • 分散状態の変化を分析
  • 異常粒子を自動で検出
  • 粒子径および粒子形状を評価
  • 測定条件の迅速な評価

Hydro Sightは、Hydro MV、Hydro LV、Hydro EV、Hydro SMなどの湿式分散アクセサリを搭載したマスターサイザー製品での使用を目的としています。

接続方法

Hydro Sightは湿式分散ユニットと装置本体の測定セルとの間の流路に接続することで、簡単に導入できます。 このユニットは、レンズを使用しない*画像取得技術を使って、専用の測定セルを流れる試料の画像を取り込みます。 作業中にフォーカス調整、キャリブレーションなどをユーザが行う必要はありません。

観察と分析

MS3000ソフトウェアとは別のソフトウェアで、シンプルでユーザフレンドリーなインターフェースで画像取り込みとデータ解析を提供します。 レーザ回折測定中に、サンプル画像と、画像から計算された粒子径分布が連続的に表示され、いつでも画像の保存が出来ます。  粒子径分布および粒子の伸度分布が連続的に更新され、「分散パラメーター」のトレンドグラフによって分散状態の変化がモニタリングできます。 異常な粒子を検出すると、画像を自動的に取り込み、トラブルシューティングの手助けをします。

測定条件の迅速な評価

粒子径分布測定方法の妥当性を事前に評価しておくことにより、測定がロバストで、再現可能で意味があるものであるという安心と保証が得られます。 このため、Hydro Sightは分散状態の裏付けとなるデータを画像により素早く提供し、最短時間で最適な測定条件を見つけることを可能にします。 このユニットはサンプルごとに最適な測定条件決めを行わなければならない方に最適なオプションです。

メンテナンスと清掃が簡単

Hydro Sightは幅広い水系および有機溶媒系分散媒との化学的適合性があり、通常の作業であれば最小限の保守で済むように設計されています。 画像取得用フローセルはレーザ回折装置の循環系洗浄時に同時に洗浄されるので、基本的に特別な洗浄作業を必要としません。 もしセルウインドウに汚れが付着した場合には、簡単に清掃できます。

* http://www.malvern.com/en/about-us/about-malvern/patents/default.aspx

測定システム

解析メソッド:
レンズを使用しない動的画像解析
検出器:
CMOSセンサー
イルミネーション:
白色光
データー取得速度:
3.75fps
ピクセルサイズ:
1.4µm x 1.4µm
標準測定時間:
レーザ回折による
分散剤、添加剤および試料と接触する材料:

316ステンレススチール
BK7ガラス
パーラストFFKM

試料測定機能

測定範囲:
9~1000µm *
観察サイズ範囲:

1.4~1000µm *

(セル幅1500µm)

システムコンプライアンス

規制試験:
RoHS/REACHおよびWEEE要求事項準拠
CE:EMC指令2004/108/EC {BS EN 61326-1: 2006}および低電圧指令2006/95/EC {BS EN 61010-1: 2010}準拠
FCC:CFR 47 Part 15:October 2010.Class A digital device (FCC規則パート15:2010年10月、クラスAデジタルデバイス)準拠
ICES-003 (Class A digital apparatus)準拠
VCCI準拠 
C-Tick要求事項準拠

一般仕様

寸法:
200mm x 160mm x 218mm (LxWxH)
質量:
6kg
電源:
AC100-240V 50~60Hz<1A
供給電圧:
100-240V、50-60Hz
最大消費電力:
<6W
製品保管温度:
-40°C~+50°C
動作環境:
+10°C~+35°C
湿度:
31°Cまでは最大80%。以降は40°Cでの50%まで線形的に減少
結露なきこと
保護等級(IP):
IP31準拠

備考

備考:
*試料と分散媒に依存します。