Hydro SVは、レーザ回折式粒度分布測定装置マスターサイザー3000とともに使用することを目的とした小容量湿式分散ユニットです。 これは解析に利用できる試料の量がきわめて限られている場合、または試料測定に必要な分散媒が環境、健康および安全性に問題があり、使用量を極力抑えたい場合に特に有用です。

  • 6mL~7mLの試料容量
  • 安全で簡単な試料導入
  • 有機溶媒対応
  • ソフトウェア制御のマグネットスターラーによる分散制御
  • 試料および分散媒は保持して回収または廃棄が可能
  • 洗浄ステーションにて素早く簡単に洗浄が可能

湿式試料分散

Hydro SVは水系または有機溶媒系の分散媒を使って、レーザ回折粒子径測定中に試料を分散します。 粒子表面を分散媒で濡らすと、粒子の表面エネルギーが低下し、接触する粒子間の引力が低下します。 これにより粒子が分散することができ、懸濁状態になります。 水のような表面張力が高い分散媒の場合、界面活性剤を少量加えると、濡れ挙動が大きく改善し、その結果、粒子の分散性が改善します。

試料の懸濁

粒子径測定中に試料を分散し、懸濁状態および均一状態を維持するため、速度調整が可能なマグネットスターラーを使って攪拌します。 これによりHydro SV試料キュベット内のレーザ回折測定ゾーンに、均一化された試料を導入できます。 Hydro SVのスターラーが懸濁できる粒子径の上限は、粒子の密度および形状に加え、分散媒の粘度によっても変わります。

洗浄が容易

Hydro SVは、測定間の測定キュベットのすすぎと洗浄を容易にする洗浄ステーションアクセサリを標準で付属しています。

攪拌速度:

0rpmおよび500~1800rpm ††

スターラー速度分解能:
+/- 10rpm
スターラー速度精度:
+/- 50rpm
超音波電力、周波数:
不明
最小試料量:
5.6mL
最大サンプル量:
7mL
分散剤、添加剤および試料と接触する材料:
316ステンレススチール
ホウケイ酸ガラス
PTFE (マグネットスターラーバーのみ)
化学的適合性のあるエポキシ樹脂
最大粒子径:
200ミクロン †
測定間の最短時間:
60秒未満 †
寸法:
110mm x 280mm x 210mm (LxWxH)
質量:
3.05kg
Power Supply:
光学ユニットを介して供給
最大消費電力:

スタンバイモード:2W

動作中公称値:5W

備考

備考:
† 試料および分散媒に依存します
†† 分散媒に依存します