研究用のロザンド RH7 および RH10 キャピラリーレオメーターは、ポリマーメルトからセラミックス、食品、インク、コーティング材までさまざまな物質に対する、高圧および高せん断速度押出条件下での非常に柔軟な測定機能を提供します。

  • 高荷重範囲(最大 100 kN)および広範なダイナミックスピードレンジ(> 225,000:1)により、実際の材料成形条件とテストの相関関係が得られます。
  • 標準仕様のツインボアバレルにより、絶対せん断粘度測定および伸張粘度の同時計算が可能になります。
  • 多様なバレルサイズおよびバレル材料のオプションにより、温度に敏感な試料、化学侵食性の高い試料、または水系試料の測定が可能
  • 標準仕様の多様な高精度タングステンカーバイドダイにより、すべての材料およびテストタイプをカバー
  • 容易に交換可能な溶融圧力トランスデューサーにより、すべてのテスト要件をカバー。「ゼロ長」ダイ使用時のダイ入口での測定感度の最適化のために低ノイズの 3 段増幅器を搭載(伸張粘度測定)
  • 試料劣化を防ぐための乾燥不活性雰囲気でのテスト用の窒素パージオプションが利用可能
  • 換気機能付き一体型ヒュームチャンバにより試料ガスを排出し、オペレータの安全を確保
  • 低速および高速測定に適した独自のバイモーダル速度制御アルゴリズムにより、特定のダイ用のせん断速度測定範囲を最適化
  • DIN 精度より 10 倍大きいプラチナ抵抗温度計を備えた 3 つの独立したゾーンヒーターによる高精度な試料温度制御 高温(最大 500 ℃)および冷却コイルオプションも利用可能
  • 剛性の高い「H」型フレーム設計により、PVT 測定などの過渡試験のコンプライアンスフリー測定を実現
  • オープン設計の下部バレル出口により、ダイスウェル測定、メルトカッター、スロットダイシステム、溶融強度(ホールオフ)などのオプションのアクセサリを収容可能
  • せん断粘度および伸張粘度、ならびに試料安定性、ウォールスリップおよびメルトフラクチャの把握のための全テストおよび全分析を備えた使いやすい Flowmaster ソフトウェア

ロザンド RH7 および RH10 キャピラリーレオメーターシステムは、通常の高荷重(または圧力)または高せん断速度の条件下での材料流動特性を評価するために、既知の寸法の高精度ダイを使った、制御された(体積流動による)試料の押し出しを可能にします。 ツインボアバレルおよび「ゼロ長」のダイ構成を使うことにより、せん断粘度および伸張粘度を、せん断(または変形)速度の関数として同時に把握することができます。

キャピラリーレオメーターシステムは、堅牢で信頼性が高く、アクセス可能な特定の試料またはアプリケーションのレオロジー測定を可能にするために、以下に挙げる複数の主要なコンポーネントによって構成されています。

  • キャピラリーレオメーターベースユニット。 試料を投入するためのボア付きバレルを含みます。ボア直径およびバレル材料は被試験材料と適合していなければなりません。 ベースユニットには、試料の押出に使用するピストンとの機械的接続部を持つヘッドユニットも含まれます。 主要なシステム機能である駆動力とピストン速度範囲はベースユニットで制御されます。
  • ダイと圧力トランスデューサーの組み合わせ。 ダイはバレルボアの底に配置され、その寸法により印加されるせん断領域が決まります。 材料が押出されるときのダイ入口での圧力を測定するために、バレル内に溶融圧力トランスデューサーが搭載されています。 ダイ寸法および圧力トランスデューサーの範囲は、検討中の試料のタイプおよびテストに適したものでなければなりません。
  • 温度または環境制御オプション。 レオロジー特性は温度と深く関連するため、バレル温度の正確な制御は欠かせません。 温度に敏感な材料の場合、温度平衡時間および不活性テスト環境は、信頼性の高いデータを保証するためには重要な考慮事項です。
  • 計測機器ソフトウェア レオロジーテストは、その性質上、セットアップが比較的複雑になることがあります。 ロザンド Flowmaster ソフトウェアインターフェイスは、直感的なテストセットアップ方法に加え、すべての主要なテストおよび測定パラメーターを実行時に報告する「生」の装置画像を備えており、単純さと使いやすさを目標にして設計されています。

ご利用のアプリケーションに対してどのレオメーターモデルを指定すれば適切か不明な場合は、詳細なアドバイスまたは試料テスト・評価レポートを得るためにマルバーンまでお問い合わせいただくことをお勧めします。 検討中のアプリケーションおよび関連したレオロジーテスト要件を理解することは、最適なレオメーターシステムを選ぶにあたって重要な要素になります。

一般

寸法(W x D x H):
700mm, 580mm, 2450mm (アクセサリなしの場合)
最大押出荷重:
50 kN(RH7)、100 kN(RH10)
フレーム剛性:
250kN
最大速度:
600 mm/min(RH7)、1200 mm/min(RH10)
速度のダイナミックレンジ:
240,000:1
速度の不確かさ:
<0.1%
測定温度範囲:
室温~400°C (標準) 室温~ 500°C (高温オプション) 5°C~200°C (低温冷却オプション)
温度制御範囲:
<±0.1 ℃
ボア直径:
15mm (標準) 9.5mm; 2mm; 19mm; 24mm (ボアオプション)
バレルボア長さ:
290mm
バレル材料:
窒化鋼 (標準) ハステロイ、ステンレススチール(バレルオプション)
圧力トランスデューサー範囲:
30,000psi; 20,000psi; 10,000psi; 5,000psi; 1,500psi; 500psi.
ダイ:
タングステンカーバイド:精度 ±5 µm
ダイ直径:
0.5mm ~ 2mm (0.5mm 区切り) および3mmが標準仕様 (ファインボアを含む、 その他の直径は特別注文になります。)
大気制御:
乾燥した不活性テスト条件に対して窒素パージ(オプション)

寸法・重量

寸法(W x D x H):
700mm, 580mm, 2450mm (アクセサリなしの場合)
重量:
350kg(アクセサリなし)

使用環境

電源:
三相 220V/ 三相および中性線 415V 16A
温度:
15 ℃~ 40 ℃
湿度:
35% ~ 80%(結露なきこと)

ロザンドキャピラリーレオメーターは、多様な測定アクセサリを構成して、さまざまなアプリケーション要件に対応することができます。

ロザンド RH7/10

ダイ

あらゆる材料およびテストタイプに対応

ロザンドレオメーター用の交換式キャピラリーダイは、材料が押し出されたときに、印加されるせん断場と変形を定義します。

詳細

pVT 圧力・体積・温度測定

材料圧縮性を評価

材料の圧力、体積、温度の関係は、十分な品質を持つ最終製品を維持しながらサイクル時間を最適化するために、ポリマーの成形加工および特に射出成形にとって重要です。

詳細

ロザンドキャピラリーレオメーターのスロットダイ

真のせん断応力を直接測定

矩形断面のアクセサリダイ(別名「スリットダイ」)、およびスリットダイの長さに沿った3つの埋め込み型圧力トランスデューザーのポートにより、入口圧力降下に対してバーグレー補正を実行することなく、真のせん断粘度測定が可能になります。

詳細

ダイおよびメルトカッター

ダイスウェル測定での押出による伸張を防止

ダイ出口の下の溶融押出物を制御された方法で切断し、重力による伸張を防ぐことで正確なダイスウェル測定を実現します。

詳細

ダイスウェル

押出直径の直接測定で得られた試料の弾性

ダイスウェル(押出スウェル)はポリマーの成形加工における一般的な現象で、ダイへの押出に続く溶融の弾性回復に関係しています。

詳細

ロザンドキャピラリーレオメーターのホールオフアクセサリ

ホールオフ速度の関数として溶融張力を測定

紡糸やブロー成形など、多くのポリマー製造プロセスでは、溶融強度がプロセス制御と製品品質の両方にとって重要なパラメータになります。

詳細

お客様がマルバーン製品をお買い求めになってから、製品が寿命を迎えるまで、マルバーンはお客様を継続的にサポート致します。 お客様によっては、必要時にのみ、ご質問への回答やソフトウエアのアップグレードを必要とされる方もいらっしゃれば、定額料金での継続的なサポート契約を希望される方もいらっしゃるでしょう。 お客様のご状況に合わせ、マルバーンは最適なサポートをご提供いたします。

ヘルプデスク

  • 電話およびEメールでのサポート
  • お電話にて対応させて頂いたオペレーターが、責任をもって、お客様にご回答差し上げます。 

トレーニング

  • オンサイトトレーニングコース
  • ユーザー研修
  • Eラーニング

リソースセンター

  • アプリケーションノート
  • テクニカルノート
  • オンデマンドのオンラインプレゼンテーション
  • ライブウェブセミナー

ソフトウェアダウンロード

  • 最新ソフトウェアをダウンロード

プラチナ・ゴールド保障契約

  • ダウンタイム中のコストを最低限にします。
  • ダウンタイムの短縮
  • メンテナンスコストを一定に抑えます。

ブロンズ点検

  • メンテナンスコストを一定に抑えます。
  • ダウンタイムリスクを最低限にします。
  • ハードウェア・ソフトウェアの診断・点検を行います。
Using rheological data in the development of co-extrusion processes

Article

Effect of Shear Viscosity and Extensional Viscosity (Rheology) on Polymer Processing

Webinar - Recorded

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

リソースを見る