3Dモデルとプロトタイプをすばやく柔軟に作成するために、多くの添加剤メーカーは、光造形法(SLA: 液槽重合法とも言う)を使用しています。 これは、最も古い付加製造(3Dプリント)技術です。 高分子プロトタイプの作成に広く使用されており、現在は最終部品の製造の用途にも使用されるようになってきています。 光造形法はフォトポリマー樹脂の液槽を採用しています。この樹脂を紫外線(UV)や可視光(Vis)を使用して選択的に硬化させ、サポートプラットフォームで、硬化した物体を層ごとに上下に動かします。

最終的な硬化材料で最適な特性を実現するために、フォトポリマー樹脂内のオリゴマーの特性を最適化する必要があります。 このプロセスに基づいて、添加剤メーカーをサポートするために、Malvern Panalyticalでは、効率的な材料特性評価ソリューションを提供しています。

なぜ材料特性評価は重要なのですか?

光造形法では、フォトポリマー配合を使用して、UVや可視光への露出時に架橋結合するオリゴマー、モノマー、光開始剤を構成します。 最終的な硬化材料の特性(その係数や化学特性)は、オリゴマーの分子量分布と分子構造、及び使用する光開始剤の割合に影響を受けます。 これらの特性は、フォトポリマー配合のレオロジーと粘土にも影響を与えます。 そのため、最終的な硬化材料の化学特性を最適化するために、添加剤メーカーがオリゴマーの分子量分布と構造を分析し、制御することが重要です。

Malvern Panalyticalのソリューションはどのように役立ちますか?

添加剤メーカーがフォトポリマー樹脂の分子構造分布と構造を分析し、最適化できるようにするために、Malvern Panalyticalでは、高度なマルチ検出機能を備えたゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)Omnisecを提供しています。 Omnisecは、屈折率(RI)、直角/低角度光散乱検出器(RALS及びLALS)、及び差分粘度計を組み合わせて、絶対分子量と分子構造(分岐など)に関する情報を提供します。 Omnisecは、低分子量樹脂や200 g/molまでのオリゴマーの分析に最適です。 さらに、低濃度の材料も測定できるため、使用できる量が限られた新しい合成ポリマーの分析に最適です。

関連製品

特集

Expert solutions in 光造形法(液槽重合法). Contact us to discuss your challenges.
お問い合わせ 会員登録