食品添加物

添加物とその⾷品との相互関係について学ぶ

食品添加物は、風味を保ち、味や外観を向上させ、腐敗の進行を遅らせる機能を持っています。 自然由来の食品添加物は何世紀も使われてきました。 漬物に使う酢、ベーコンの保存に使う塩、果物や菓子を保存に使う砂糖や蜂蜜などがそれに当たります。 また、ワインに使用されている二酸化硫黄もそうです。 食品添加物は、食品を輸送、加工、貯蔵するために重要な役割を果たし、現在の市場で求められる要求を満たしています。

食品添加物は、自然由来のものでも、人工のものでも、さまざまな種類があります。 ビタミンCは、食品に対する酸素の影響を抑制することで保存料として機能する抗酸化物質で、健康に良いというメリットもあります。 スターチは、味を変えずに食品のかさを増やす増量剤です。 着色添加物と香味添加物はそれぞれ食品の色と味や匂いを強化します。 乳化剤は、マヨネーズ、アイスクリーム、均質牛乳などのように水と油脂をエマルションの状態で混在させます。 保存料は、腐敗の原因となる食品中の菌、バクテリア、その他の微生物の繁殖を防いだり抑制したりします。 安定剤、増粘剤、寒天やペクチン(ジャムに使⽤されている)などのゲル化剤は、食感を固めにします。 甘味料は食品に風味を与えるために加えられます。 増粘剤は、食品の特性を大きく変化させることなく、粘度だけを増強する物質です。

マルバーンの使いやすいさまざまな粒子径測定装置、ゼータ電位測定装置、イメージングおよびレオロジー測定装置は、添加剤および添加剤と食品との相互作用を試験する場合に使用できます。 マルバーンの専門知識は、以下のことに利用できます。

お問い合わせ 会員登録