OmniSECは、マルバーンの経験と知識を基に開発された、最も高い感度と精度で合成および天然ポリマーとタンパク質の特性評価を実行するマルチ検出器GPC/SECシステムです。。

OmniSEC Resolveは、ポンプ、デガッサー、オートサンプラー、カラムオーブンを1台のユニットに内蔵しています。

OmniSEC Revealは、最先端のGPC/SECマルチ検出器で、屈折率、UV/Vis吸光度、光散乱、および固有粘度検出器を備えています。

  • OmniSEC Resolveでは、最適化されたイソクラティックポンプと脱気効率の向上したデガッサーにより、きわめて優れた流速安定性を実現し、すべての検出器のベースラインノイズを低減します。
  • OmniSEC Resolveの内蔵カラムオーブンは、最高温度65°Cまで加温可能で、安定した分離温度を維持します。
  • ゼロ注入量オーバーヘッドモードを備えたオートサンプラーにより、貴重な試料を無駄にせずに済みます。また、デリケートな試料を4°Cまで冷却し、凝集や劣化を防ぐことができます。
  • OmniSEC Revealの光散乱検出器は、最も感度の高い測定機能であり、200 Daの分子量、または100 ngの注入質量でも測定出来ます。
  • OmniSEC Revealの自動平衡機能付き粘度検出器には、ユーザが交換可能なキャピラリーがあります。これにより、粘度検出器が堅牢かつ便利なものになります。
  • 複数の検出器のデータを組み合わせ、流体力学的半径(Rh)、回転半径(Rg)、Mark-Houwinkパラメータを計算します。

溶解したガスは、デガッサーによって移動相から除去され、移動相はオートサンプラーとカラムオーブンに送られます。 オートサンプラーは、バイアルまたはウェルプレートから試料を取り込み、注入します。 溶解試料は多孔性の物質が充填されたカラムを通る際、各分子が細孔を出入りします。 大きめの分子はより多くの細孔から排除されるため、より速くカラム内を通り、より早く溶出し、小さめの分子はそれより後に溶出します。 その結果、流体力学的サイズごとに分離され、検出器で測定されます。

OmniSEC Resolve

ポンプ流量:
0.005~10 mL/分
フローレート精度:
±1%
最大許容圧力:
0~5000 PSI(34.5 MPa)
流速正確性:
0.15% @ 1 mL/分(水のとき)
寸法(W x D x H):
420、640、890 mm
重量:
62 kg
ソフトウェア:
OmniSECソフトウェアv10(またはそれ以降)
データー取得速度:
100 Hz
特許:
US 14/599,033「Continuous back seal wash(連続バックシール洗浄)」

オートサンプラー

容量:
最大192
サンプルコンテナタイプ:
HPLCバイアルまたは96ウェルマイクロタイタープレート
注入量:
1~300 µL
注入量正確度:
>99.5%
注入量精度:

<0.3% RSD(フルループモード)

<0.5% RSD(部分ループモード)

<1% RSD(µLピックアップモード)

インジェクションオーバーヘッドボリューム:
0 µL(µLピックアップモード)
シリンジボリューム:
250 µL標準
温度制御範囲:
4~60 °C

カラムオーブン

カラム数:
分析用 x 6(Tricorn 10/300 GL x 1)
温度制御範囲:
20~65 °C

OmniSEC Reveal

寸法(W x D x H):
420、640、600 mm
重量:
40 kg
検出器温度範囲:
20~65 °C
ソフトウェア:
OmniSECソフトウェアv10(またはそれ以降)
データー取得速度:
100 Hz
特許:

US20140060162A1 & EP2619543Ba「Modular capillary bridge viscometer(モジュラーキャピラリーブリッジ粘度検出器)」

US20140144214A1 & EP2619544A1「Automatically balanced capillary bridge viscometer(自動平衡キャピラリーブリッジ粘度検出器)」

検出器1

検出器:
光散乱検出器
測定原理:
RALS 90°(直角散乱)、LALS 7° (低角散乱)
光源:
50mW 640nmレーザー
セル容量:
18 µL
ダイナミックレンジ:
2500 mV
ベースラインノイズ:
<0.1 mV
ベースラインドリフト:
<0.2 mV/時

検出器2

検出器:
示差屈折率
測定原理:
偏光型
セル容量:
12 µL
ダイナミックレンジ:
±2.5 x 10-4 RIU
ベースラインノイズ:
<10-7 RIU
ベースラインドリフト:
<3 x 10-7 RIU/時

検出器3

検出器:
粘度検出器
測定原理:
自動平衡メカニズムおよびユーザによる交換式キャピラリーを備えた4キャピラリーホイットストーンブリッジ
トランスデューサー:
ファームウェアベースのトランスデューサー過圧保護
Detector volume:
17 µL/キャピラリー
差圧ベースラインノイズ:
0.3 Pa
インレットプレッシャー動的範囲:
100 kPa
インレットプレッシャーベースラインノイズ:
0.01 kPa
ベースラインドリフト:
<0.2 kPa/時

検出器4

検出器:
ダイオードアレイベースUV/Vis分光器
波長:
190~900 nm
波長数:
1024
波長精度:
<1 nm
波長/分解能:
0.6 nm
セル容量:
7.5 µL
パス長:
10 mm
ベースラインノイズ:
2 x 10-5 AU
ベースラインドリフト:
5 x 10-4 AU/時

測定タイプ 1

測定タイプ:
絶対分子量
測定範囲:
200 g/mol以上、107 g/mol未満
最少量:
THF中の分子量100kDaのポリスチレンのとき100 ng
測定原理:
光散乱法(LALSまたはRALS)

測定タイプ 2

測定タイプ:
固有粘度
最少量:
THF中の分子量100kDaポリスチレンのとき1 µg
測定原理:
4キャピラリーホイットストーンブリッジ

測定タイプ 3

測定タイプ:
濃度
最少量:
THF中の分子量100kDaポリスチレンのとき100 ng
測定原理:
示差屈折率検出

使用環境

温度:
15~30 °C

ソフトウェア

最低限のコンピュータの仕様:
Windows 7 Professional 64 bit、第4世代Intel(R) Core I7プロセッサ(Quad Core HT、3.4 GHz Turbo、HD Graphics付き)、8 GB 1600 MHz DDR3メモリ、500 GB 3.5インチSATA(7200 RPM)HDD、Full-HDモニター

OmniSEC

OmniSEC Resolve

ポンプ、デガッサー、オートサンプラー、カラムオーブンを組み合わせ、高品質GPC/SECと正確な分子量測定を実現。

Image

OmniSEC Resolveは、OmniSEC GPC/SECシステムの一部を構成します。 内蔵ポンプ、デガッサー、オートサンプラー、カラムオーブンを1台のユニットに組み込んでいます。

詳細

OmniSEC Reveal

GPC/SEC用のアドバンスド検出器

Image

屈折率、UV/Vis吸光度、光散乱、固有粘度検出器を内蔵したOmniSEC Revealは、最先端の統合GPC/SECマルチ検出器です。 合成・天然ポリマーおよびタンパク質などの包括的な分子特性評価を提供します。

詳細

OmniSECソフトウェア

OmniSEC装置制御、データ測定、解析、レポート出力などを実行できる高機能で機敏な使いやすいGPC/SECソフトウェア

Image

OmniSECソフトウェアは、GPC/SECによるタンパク質およびポリマー解析用ソフトウェアで、OmniSEC ResolveおよびOmniSEC Revealの制御用に設計されています。 簡単なワークフローにより生産性が向上するため、実験の情報と効率を最大限に高めることができます。 試料をセットするだけで、OmniSECがすべてのシーケンシングを制御するので、完全な自動操作が可能になります。

詳細

GPCおよびSECカラム

水系、有機溶媒系のすべてのGPC/SECカラム

Image

合成および天然ポリマーからタンパク質まで、幅広いラインナップのGPC/SEC用カラム

詳細

GPCおよびSEC用標準試料

GPC/SECのアプリケーション別、幅広い分子量領域をカバーする標準試料セット

Image

マルバーンでは、 GPC/SEC用標準試料として、光散乱を用いた絶対分子量計算用のキャリブレーションに用いる標準サンプルのほかに、コンベンショナルキャリブレーション、ユニバーサルキャリブレーション用の標準試料セットもご用意しています。

詳細

お客様がマルバーン製品をお買い求めになってから、製品が寿命を迎えるまで、マルバーンはお客様を継続的にサポート致します。 必要時にのみ、ご質問への回答やソフトウェアのアップグレードを行う基本的なサポートから、定額料金でメンテナンスを継続的に行うサポート契約までご用意しています。 お客様のご状況に合わせ、マルバーンは最適なサポートをご提供いたします。

ヘルプデスク

  • 電話およびEメールでのサポート
  • お電話にて対応させて頂いたオペレーターが、責任をもって、お客様にご回答差し上げます。 

トレーニング

  • オンサイトトレーニングコース
  • ユーザー研修
  • Eラーニング

リソースセンター

  • アプリケーションノート
  • テクニカルノート
  • オンデマンドのオンラインプレゼンテーション
  • ライブウェブセミナー

ソフトウェアダウンロード

  • 最新ソフトウェアをダウンロード

プラチナ・ゴールド保障契約

  • ダウンタイム中のコストを最低限にします。
  • ダウンタイムの短縮
  • メンテナンスコストを一定に抑えます。

ブロンズ点検

  • メンテナンスコストを一定に抑えます。
  • ダウンタイムリスクを最低限にします。
  • ハードウェア・ソフトウェアの診断・点検を行います。