燃料噴射は、自動車のエンジンの設計と効率において重要な要素です。 最新の直接噴射システムなど、噴射器システムの設計によって、燃料供給の液滴径が決まります。 この液滴径、すなわちザウター平均粒径と呼ばれるパラメータは、エンジンの燃焼効率を判別する上で役に立ちます。また、これにより、現在の燃料効率の基準を満たしていることを確認できます。

マルバーンのスプレー特性評価測定装置により、将来的にエンジンの品質と効率を向上させるために、燃料のスプレーデバイスを調査できます。

燃料スプレーのスプレー特性評価は、以下のことに役立ちます。

  • エンジン効率の改善
  • 燃焼の最適化
  • 新たに施行される政府基準の順守
  • 将来の燃料噴射システムの設計

Epsilon 1 Sulfur in fuels

Zetiumの石油エディション

スプレーテック

インシテックシリーズ

Epsilon 1 Sulfur in fuels Zetiumの石油エディション スプレーテック インシテックシリーズ

燃料中の硫黄を簡単に分析

石油化学製品中の新しい元素

噴霧粒子およびスプレー液滴径測定

堅牢で信頼性の高いリアルタイム粒度分布測定

詳細 詳細 詳細 詳細
測定タイプ
粒子サイズ
薄膜測定
Elemental analysis
Contaminant detection and analysis
Elemental quantification
技術
レーザ回折
光散乱
Energy Dispersive X-ray Fluorescence (EDXRF)
Wavelength Dispersive X-ray Fluorescence (WDXRF)
Laser-diffraction particle sizing pays dividends for wet-process monitoring

Article

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

リソースを見る