分離と分級プロセスの効率的な操作は、湿式の場合も乾式の場合も、下記を目的にした継続的な粒子測定に左右されます。

  • 正確な自動閉ループ制御
  • 異常値の検出
  • 画期的な検出のフィルタ
  • 廃棄物/不要なリサイクルの最小化
  • 模範となる製品品質の獲得

分離および分級プロセスは、送られてきた粒子の流れを粒子径に基づいて2つ(製品またはさらに処理するためのフィード、および戻し/廃棄の流れ)に分けます。

リアルタイム粒子径データは、この2つの流れの間のカットポイントを正確に制御し、製品品質を最適化しながら無駄を抑えます。 たとえば、セメント仕上げミル回路では、分級器の自動制御は、ミルのスループットを最大化し、再利用率を下げながら、セメント仕様の要件を満たす手法として確立されています。

問題を迅速に検出する機能により、製品品質は守られます。 一部の分離プロセスでは、粒子状物体を制御しないままリリースされるのを防ぐこともできます。 典型的な例としては、鉱物産業における水の再利用に関する凝集や分級の使用などを挙げることができます。

湿式でも乾式でも、分離プロセスにおいて、マルバーンは装置サプライヤーおよび顧客と共同作業を行い、分析ソリューションを設計するノウハウを提供します。この分析ソリューションは、既存の制御プラットフォームにシームレスに適用可能であり、効果的な自動制御手法の確立を促進します。

インシテックシリーズ

Parsum シリーズ

インシテックシリーズ Parsum シリーズ

堅牢で信頼性の高いリアルタイム粒度分布測定

インライン粒度分布測定プローブ空間フィルタ速度計法による粒度分布測定

詳細 詳細
測定タイプ
粒子サイズ
測定範囲 0.1µm - 2500µm 50µm - 6000µm
技術
レーザ回折
空間フィルタ速度計測法
分散タイプ
乾式
スプレー
湿式