環境規制は、自動車燃料中の許容硫黄濃度を10g / kgに設定しています。 環境規制への適応を証明する分析方法としていくつかの異なるX線蛍光分析、例えばASTM D4294(EDXRF)およびASTM D2622(WDXRF)があります。2017年に施行された環境保護庁(EPA)のTiler 3規制では、精度と角度の要求は蛍光X線分析からは独立しています。

このアプリケーションノートでは、マルバーン・パナリティカル製 X線分析装置(EDXRF)Epsilon4を用いてTier 3に準拠した測定を行った事例を紹介します。これらはわずか5分の測定時間です。

分析装置

測定は、15W銀アノードX線管、6種類の管球フィルター、ヘリウム置換機能、高分解能SDD30シリコンドリフト検出器、サンプルスピナーおよび10ポジションのサンプルチェンジャーを備えたEpsilon 4 EDXRF分析装置を用いて行いました。

サンプル前処理

3.6 µmポリエステルフィルムのディスポーザブルのサンプルセルでガソリン6gを分析しました。サンプルの揮発を防ぐために、追加でフィルムをリキッドセルの上に乗せました。

測定結果は、アプリケーションノートをダウンロードしてご覧ください。

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報