概要

>マルバーンでは、GPC/SEC用の標準サンプルを幅広く取り揃えています。 標準サンプルは、簡単に正確な濃度の溶液が作れるよう、計量済みのものをバイアルに入れて供給しています。 定量の溶媒を加えるだけで、正確な濃度の校正用標準溶液が作成でき、これを基準として絶対分子量や固有粘度の計算を行います。

コンベンショナルキャリブレーションやユニバーサルキャリブレーションに用いる標準試料は、低分子側から高分子側まで様々な分子量のサンプルバイアルをセットにしたものを、有機溶媒用と水系溶媒用にそれぞれ取り揃えています。

光散乱による絶対分子量測定に用いる標準試料は、NISTトレーサブルなサンプルを測定した装置で確認したものを、有機溶媒用、水系溶媒用にそれぞれ取り揃えています。  このサンプルを測定してキャリブレーションをかけると、全検出器の装置定数を決定できるほか、検出器間のピークずれ量(検出器間の配管の体積)、配管通過によって生じるピークの広がり(バンドブロードニング)の効果も校正でき、実際のサンプル測定時の補正に用いられます。

  • 計量済みのサンプルを用いることで、簡単に再現性の良い測定結果が得られるようになります。
  • カラムキャリブレーションを行うための標準サンプルは、広い分子量領域をカバーする様々な分子量のものが含まれています。
  • NISTトレーサブルな、光散乱(絶対分子量測定用)標準試料
  • 1サンプルの測定だけで、全ての検出器の校正と検出器間の容量補正、およびバンドの広がり補正係数も決定できるので、校正時間の短縮になります。
  • ポリスチレンおよびPMMA標準試料(有機溶媒用)
  • ポリエチレンオキシド(PEO)、デキストラン標準試料(水系溶媒用)

動作

マルバーンの分子量標準試料は、質量(重量)を精密に計測したものを、ガラスのバイアル瓶に入れて出荷しています。 このバイアル瓶に、正確に測定した量の溶媒を加えて溶解することで、正確な濃度の標準サンプルが作成できます。

カラムキャリブレーション用の標準試料(コンベンショナル・ユニバーサル)の場合、様々な分子量を持つ多数のサンプルを順番にGPC/SECシステムに流します。 これらのサンプルの溶出時間と分子量の関係を用いて校正曲線を作成し、それを用いて未知の試料の溶出時間から分子量を求めます。 このようにして求められた分子量は相対分子量と呼ばれます。

光散乱を用いた絶対分子量測定用の標準試料の場合、1種類のサンプルを流しだけで、全ての検出器の係数を校正し、絶対分子量の計算などに用います。 検出器定数と検出器間の容積、バンドブロードニング定数が同時に計算でき、計算時間を短縮できます。

仕様

ポリスチレン(PS)

標準物質:
ポリスチレン(PS)
アプリケーション:
人工ポリマー
校正手法:
カラム校正用、光散乱校正用 (ナロー)およびチェック用(ブロード)
梱包状態:
バルク粉末、計量済みで複数サンプルの混合(HT-GPC用)
分子量範囲:
1000 Da – 4.5 MDa

ポリメチルメタクリレート (PMMA)

標準物質:
ポリメチルメタクリレート (PMMA)
アプリケーション:
人工ポリマー
校正手法:
カラム校正用、光散乱校正用 (ナロー)およびチェック用(ブロード)
梱包状態:
バルク粉末または計量済み
分子量範囲:
3 kDa – 1 MDa

ポリエチレンオキシド (PEO)

標準物質:
ポリエチレンオキシド (PEO)
アプリケーション:
水溶性ポリマー
校正手法:
カラム校正および光散乱校正用 (ナロー)
梱包状態:
計量済み
分子量範囲:
50 kDa to 250 kDa

プルラン

標準物質:
プルラン
アプリケーション:
水溶性ポリマー
校正手法:
光散乱校正用 (ナロー)
梱包状態:
バルク粉末または計量済み
分子量範囲:
5 kDa to 700 kDa

デキストラン

標準物質:
デキストラン
アプリケーション:
水溶性ポリマー
校正手法:
光散乱校正のチェック用 (ブロード)
梱包状態:
計量済み
分子量範囲:
50 kDa – 100 kDa