概要

OmniSECシステムとしても購入でき、既存のGPC/SECシステムに接続するスタンドアロンモジュールとしても購入できるOmniSEC Revealは、アドバンスドGPC/SECシステム用のマルチ検出器モジュールです。 合成ポリマー、天然ポリマー、多糖類、タンパク質の特定評価を行うために屈折率(RI)、UV/Vis吸光度、光散乱、および固有粘度検出器を備えています。

また、これらの検出器は濃度、dn/dc、絶対分子量、固有粘度、分子サイズ(RhおよびRg)、およびMark-Houwinkパラメータなど、複数の分子特性を測定できます。 温度制御型検出器コンパートメント(20~65°C)は、ベースラインの安定性を改善し、検出器間の配管の体積を最小限にして、検出器間のバンド広がりを最低限に抑えます。

OmniSEC Revealは、包装やエネルギーから食品や薬品に至るアプリケーションでポリマーの分子特性をバルク特性に関連付けることができます。 タンパク質特性評価機能を学術研究やバイオ医薬品開発に使用できます。

  • OmniSEC Revealの光散乱検出器は、感度が高く、200 Daの分子量、または100 ngの質量でも測定が可能です。 90°直角光散乱(RALS)の感度と7°低角光散乱(LALS)の精度をあわせ持ち、最高レベルの感度と精度を実現します。 フローセル容積は18 µLなので、バンド広がりを最低限に抑えることができます。
  • OmniSEC Revealの自動平衡機能付き粘度検出器には、ユーザが交換可能なキャピラリーを使用しています。このため、粘度検出器は堅牢かつ便利なものになります。 接液部に316ステンレススチールを使用しているため、塩分やpHの制約をほとんど受けません。また、交換可能なブリッジを備えているため、すばやく交換できます。さらに、自動平衡式なので、設定も簡単です。
  • 屈折率検出器は、ほぼどのようなサンプルでも濃度を測定できます。 検出器群の最初に配置され、バンド広がりを最低限に抑え、測定品質と感度を最大限に高めることができます。
  • UV/Visフォトダイオードアレイ(PDA)は、UVおよび可視スペクトル(200~900 nm)をカバーしています。
  • 複数の検出器のデータを組み合わせ、流体力学的半径(Rh)、回転半径(Rg)、Mark-Houwinkパラメータを計算します。

動作

カラムによる分離後、試料はOmniSEC Revealに入り、屈折率からUV/Vis PDA、光散乱、粘度検出器を通り、廃棄されます。

RI検出器又はUV検出器がサンプルの濃度に関する情報を提供します。 光散乱検出器は、サンプルから散乱する光の強度を測定し、絶対分子量を測定します。また、大きな分子では慣性半径Rgの計算も可能です。 粘度検出器は溶液粘度をリアルタイムで測定し、分子構造の尺度であるサンプルの固有粘度を計算します。 絶対分子量と固有粘度のデータを組み合わせることで、Mark-Houwinkプロットを介した構造情報に加え、サンプルの流体力学的半径を測定することもできます。

仕様

システム

寸法(W x D x H):
420、640、600 mm
重量:
40 kg
検出器温度範囲:
20~65 °C
ソフトウェア:
OmniSECソフトウェアv10(またはそれ以降)
データー取得速度:
100 Hz
特許:

US20140060162A1 & EP2619543B1「Modular capillary bridge viscometer(モジュラーキャピラリーブリッジ粘度検出器)」

US20140144214A1 & EP2619544A1「Automatically balanced capillary bridge viscometer(自動平衡キャピラリーブリッジ粘度検出器)」

検出器1

検出器:
光散乱検出器
測定原理:
RALS 90°(直角散乱)、LALS 7°(低角散乱)
光源:
50mW 640nmレーザー
セル容量:
18 µL
ダイナミックレンジ:
2500 mV
ベースラインのノイズ:
<0.1 mV
ベースラインドリフト:
<0.2 mV/時

検出器2

検出器:
示差屈折率
測定原理:
偏光型
セル容量:
12 µL
ダイナミックレンジ:
±2.5 x 10-4 RIU
ベースラインのノイズ:
<10-7 RIU
ベースラインドリフト:
<3 x 10-7 RIU/時

検出器3

検出器:
粘度検出器
測定原理:
自動平衡メカニズムおよびユーザによる交換式キャピラリーを備えた4キャピラリーホイットストーンブリッジ
Detector volume:
17 µL/キャピラリー
差圧動的範囲:
±2500 Pa
差圧ベースラインノイズ:
0.3 Pa
インレットプレッシャー動的範囲:
100 kPa
インレットプレッシャーベースラインノイズ:
0.01 kPa
ベースラインドリフト:
<0.2 kPa/時

検出器4

検出器:
ダイオードアレイベースUV/Vis分光器
波長:
190~900 nm
波長数:
1024
波長精度:
<1 nm
波長/分解能:
0.6 nm
セル容量:
7.5 µL
パス長:
10 mm
ベースラインのノイズ:
2 x 10-5 AU
ベースラインドリフト:
5 x 10-4 AU/時

測定タイプ 1

測定タイプ:
絶対分子量
測定範囲:
200 g/mol以上、107 g/mol未満
最少量:
THF内の100kDa分子量ポリスチレン100 ng
測定原理:
光散乱法(LALSまたはRALS)

測定タイプ 2

測定タイプ:
固有粘度
最少量:
THF内の100kDa分子量ポリスチレン1 µg
測定原理:
4キャピラリーホイットストーンブリッジ

測定タイプ 3

測定タイプ:
濃度
最少量:
THF内の100kDa分子量ポリスチレン100 ng
測定原理:
示差屈折率検出

使用環境

温度:
15 °C~30 °C

ソフトウェア

最低限のコンピュータの仕様:
Windows 7 Professional 64 bit、第4世代Intel(R) Core I7プロセッサ(Quad Core HT、3.4 GHz Turbo、HD Graphics付き)、8 GB 1600 MHz DDR3メモリ、500 GB 3.5インチSATA(7200 RPM)HDD、Full-HDモニター