OmniSECソフトウェア

OmniSEC装置制御、データ測定、解析、レポート出力などを実行できる高機能で機敏な使いやすいGPC/SECソフトウェア

OmniSECソフトウェアは、GPC/SECによるタンパク質およびポリマー解析用ソフトウェアで、OmniSEC ResolveおよびOmniSEC Revealの制御用に設計されています。 簡単なワークフローにより生産性が向上するため、実験の情報と効率を最大限に高めることができます。 試料をセットするだけで、OmniSECがすべてのシーケンシングを制御するので、完全な自動操作が可能になります。

カタログダウンロード
見積依頼 デモ依頼 お問い合わせ

概要

すべてのシステムのセットアップ、取得、およびデータ処理のための単一のユーザーインターフェース。

  • すべての機器制御、データ取得、分析、レポートには単一のソフトウェアインタフェースのみを使用します
  • 複数のソフトウェアシステムに関する高度なトレーニングの必要性がなくなるとともに、これらのインターフェースがあることで避けられない通信問題を排除することができるので、OmniSECを最大限に活用できます
  • ユーザートレーニングのパスの短縮できるようにすることで、ラボの生産性を向上させます

Omnisec software data action diagram.jpg


ワンクリックで生データを測定結果に 

  • 生データから結果までワンクリックで、取得したデータを迅速に処理します
  • スマートな組み込みアルゴリズムを使用して、信頼できる方法でベースラインと制限を配置し、結果テーブルに自動的にデータを入力します


絶対分子量、固有粘度、濃度データなどを提供するマルチ検出分析。 

  • 保持体積とキャリブレーション標準との比較に依存することを止めて、絶対的な結果の生成を開始します  
  • 柔軟性の高いカスタムレポート作成ソフトウェアを使用して、プロジェクトを進める上で重要なデータをレポートし、プロットします

ビデオを見る:GPC/SEC分析タイプを使用するタイミングについて

When-to-use-each-GPC-SEC-analysis-type-thumbnail.jpg


分子量パラメーター固有粘度パラメーターと粒子径パラメーター一般的なパラメーター
数平均分子量(Mn固有粘度モーメント(IVn) (IVw) (IVz)測定濃度
重量平均分子量(Mw)Mark-Houwink aピークあたりの濃度
Z平均分子量(Mz)Mark-Houwink Kdn/dcを計算します
分散度(Ð) Mw/Mn流体力学的半径(Rhn) (Rhw) (Rhz)dA/dcを計算します
ピーク頂点の分子量(Mp)回転半径(Rgn) (Rgw) (Rgz)サンプルの割合
ユーザー定義の分子量値の上/間/下の%サンプル回収率
ユーザー定義の累積分子量値の分子量

従来の保持容量に依存する技術を可能にする、コンベンショナルおよびユニバーサルキャリブレーション方法。

  • 従来のカラムキャリブレーション技術を使用して、OmniSECソフトウェアで、相対的ないわゆる真の分子量の値を直接計算します
  • これらの手法から光散乱技術への技術移転を推進するために、またはOmniSECの主要な分析方法として使用できます


ビデオを見る:OmniSECによるコンベンショナルキャリブレーション

Conventional-calibration-with-OMNISEC-thumbnail.jpg

ビデオを見る:OmniSECによるユニバーサルキャリブレーション

Universal-calibration-with-OMNISEC-thumbnail.jpg


組成分析を使用して結合型およびコポリマー分子構造を測定 - アプリケーション固有の薬物抗体比(DAR)、ウイルス力価、およびcp/vgを直接分析できます。

  • サンプル内の2つのコンポーネントの濃度と分子量を直接測定します
  • コポリマー濃度を計算し、dn/dc値をプロットして、変化するポリマー組成および分布を特定します
  • 完全、空、およびトータル力価のウイルス力価計算に、当社の組み込みアプリケーション固有の分析結果を使用して、%フルAAVおよびcp/vg比を提供します
組成分析パラメーター
重量分率
コンポーネントの分子量
平均dn/dcおよびda/dc
コンポーネントの濃度
薬物抗体比(DAR)
ウイルス力価
%フルAAVおよびcp/vg比

ビデオを見る:OmniSECとの組み合わせ解析

Compositional-analysis-with-OMNISEC-thumbnail.jpg


システムの起動、データ取得、シャットダウンを完全に自動化しました。 バイアルを挿入して[スタート]を押すだけです。 

  • システムの準備方法を気にする必要はありません。OmniSECがすべてを管理してくれるので、プロジェクトの進行に時間を費やすことができます
  • すべてのメソッドは、機器や実験システムに合わせてユーザーがカスタマイズできるので、ニーズに合ったものにできます
  • 経験値の低いユーザーでも扱えるようにすることで、ラボ内での高度SECの使用を拡大します
  • シーケンスを開始する前の遅延を設定して、必要なときにシステムの準備ができているかを確認することができます。


21CFR part 11準拠により、規制環境で安心して操作できます。

  • 監査証跡、ユーザーアクセス、電子署名はすべてOmniSECソフトウェアパッケージ内で簡単に有効化でき、完全なコンプライアンスを確保できます
  • インストール中に完全なシステムIQOQを追加して、チェーン全体を規制環境に対応できるようにします


市場をリードするバンドの広がりとピーク対称補正アルゴリズム。 

  • 複数の検出器を接続する場合は、サンプルがある検出器から別の検出器に移動する際に、信号プロファイルの変化を考慮することが重要です。 
  • OmniSECは、マーケティングをリードする自動化アルゴリズムを使用して、高品質で堅牢なデータが生成されるようにします。 
  • 重要なシステム基準を報告するので、システムが最高の状態にあることを確認できます。 
システム基準
理論段数
ピーク非対称性
半値時のピーク幅
テーリング因子

機器の耐用期間中は、無料のソフトウェアアップデートをご利用いただけますので、高額なアップグレードコストを気にかける必要はありません。 

  • ソフトウェアの改善に最適な場所は、ユーザーと一緒に研究と生産性を向上させることです。 お使いのOMNISECシステムの耐用期間中は、ソフトウェアを最新バージョンに維持することに関しては、予算に計上する費用や予想外の費用はかかりません。 すべてのファイルは、入手後すぐに無料でダウンロードできます
  • ソフトウェアがインターネットに接続されている場合は、これらの新しいソフトウェアバージョンのリリース時に通知が届くので、すぐに最新の状態にすることができます

動作

OmniSECソフトウェア(バージョン10以降)は、OmniSEC ResolveとOmniSEC Revealを直接制御することができ、測定結果をリアルタイムで取得し、表示することができます。

OmniSECソフトウェアを使用すると、装置を制御、検出器の設定、解析方法の設定をすることができます。 最後に、データを解析し、レポートを自動的に生成することができます。

仕様

システム

サンプルタイプ

人工ポリマー

天然ポリマー(多糖、DNA)

タンパク質

測定項目

濃度

dRI

dn/dc

dUV

dA/dc

光散乱法の散乱強度(SLS)

平均分子量(Mn、Mw、Mz)

多分散度

回転半径(Rg)

固有粘度(IV)

Mark-Houwink aおよびK

流体力学的半径(粘度から算出)

データー取得速度 100 Hz
最低限のコンピュータの仕様 Windows 7 Professional 64 bit(Windows 8.1 Proライセンスを含む)、第4世代Intel(R) Core I7プロセッサ(Quad Core HT、3.4 GHz Turbo、HD Graphics付き)、8 GB 1600 MHz DDR3メモリ、500 GB 3.5インチSATA(7200 RPM)HDD、Full-HDモニター