概要

Viscotek SEC-MALS 20は、既存のSECシステムで簡単に使用できるモジュール式の多角度光散乱検出器であり、分子量および分子サイズ測定に光散乱検出の能力を追加します。 完全なシステムパッケージの一部として購入することもできます。 システムに接続されたSEC-MALSおよびその他の検出器からの信号は、GPCソフトウェアであるOmniSECによって分析されます。

SEC-MALS 20は、溶出時間に関係なく、タンパク質の絶対分子量とオリゴマー状態を測定するために使用できます。 また、可能な限り広い範囲にわたる分子サイズの測定を含む、天然および合成ポリマーの分析にも使用できます。

  • より正確な結果を得るための,20個以上の検出器
  • 絶対分子量とRg(慣性半径)が測定可能
  • 既存のSECシステムと組み合わせ可能
  • システムを制御してデータを分析するための簡単なソフトウェアパッケージ– OmniSEC
  • パフォーマンスを向上させる高度な放射状の光学系を備えた垂直型のフローセルを搭載
  • 省スペース設計

使い方

SEC-MALS 20多角度光散乱検出器は、OMNISECなどのSECまたはGPCシステムと接続されます。 すべての検出器を通過するサンプルから生成された信号は、OmniSECソフトウェアによって分析されます。

SEC-MALSシステムは、垂直フローセルの周囲に配置された20の検出器で構成され、広範囲の角度で散乱光を検出します。

角強度と濃度の情報を組み合わせて、2つの方法で使用されるプロットを作成します。 まず、データを外挿してゼロ角度での散乱光強度を決定し、そこから絶対分子量を計算します。 次に、分子の慣性半径(Rg)に関連するプロットの勾配を決定します。

システム構成に粘度計が含まれている場合、分子量と固有粘度のデータの組み合わせを使用して、分岐に関する情報とともにサンプルの流体力学的直径が計算できます。

仕様

Detectors 1

検出器:

SEC-MALS 20

測定原理:
Multi-Angle Light Scattering
光源:
660nm, 120 mW laser
角度数:
20
セル容量:
63 µL
検出器の種類::
Custom photodiodes
データー取得速度:
5 Hz

Measurement Type 1

測定タイプ:
Molecular Weight
測定範囲:
<1000 – >107 g/mol
分子量の精度:
±2% for NIST standard SRM 1478
測定原理:
Multi-Angle Light Scattering (MALS)
データモデル:
Zimm, Berry, Debye
最小必要試料量:
1 µg 105 kDa Polystyrene, 2 µg BSA

Measurement Type 2

測定タイプ:
Radius of Gyration (Rg)
測定範囲:
10 – 150 nm
測定原理:
Multi-Angle Light Scattering (MALS)
データモデル:
Zimm, Berry, Debye

General

測定温度範囲:
Ambient to 60°C
アナログ信号入力:
4 x ±10 V 24 bit
レーザー安全性:
Class 1
電源:
90-250V, 50/60 Hz
最大消費電力:
60W
寸法(W x D x H):
26cm, 46cm, 16cm
重量:
16.5kg
温度:
15°C – 30°C
湿度:
35% - 80% non-condensing
ソフトウェア:
OmniSEC 5.0 or higher