タンパク質ベースの医薬品は、発見から開発までのパイプラインを移行するにつれて、最適で堅牢な製剤化を実現することが重要です。 これは分子の意図された治療用途に対し、適切かつ効果的であり、目的とする保存期間を達成することができる製造、輸送、保管時の安定性に加え、コンフォメーション、および有効性を維持する必要があります。  

生物学的材料の性質は、バイオ医薬品としてのそれらの製剤が、特定の課題を有していることを意味しています。 マルバーン・パナリティカルの生物物理学的特性評価ツールは、製剤および保管条件に対応したタンパク質構造のモニター、熱安定性の予測、および凝集体形成を測定するために使用されます。 それらは、生体分子の安定性を理解し、バイオ医薬品製剤の開発を加速するための重要な情報を提供します。

製剤の安定性

バイオ医薬品製剤開発における主な目的は、分子の高次構造を保持するための最高レベルの安定化をもたらし、結果として最も高い割合で生物活性のある天然タンパク質を供給できるような溶液条件を見つけることです。 変性したタンパク質は、タンパク質分解、酸化、脱アミド化などの不可逆的な化学プロセスの影響を受けやすいため、不活性化や凝集のリスクを引き起こし、望ましくない免疫原性の影響をもたらす可能性があります。

製剤の開発中に、生体分子は次のようなさまざまな条件にさらされます。

  • 異なる緩衝液、温度、せん断、pHレベル、および塩濃度
  • タンパク質の安定化や、製造やドラッグデリバリーをサポートするために使用されるさまざまな賦形剤
  • タンパク質凝集が起こる前に、ある範囲の緩衝液および添加物において、医薬品候補がどの程度まで濃縮するかを決定するための高濃度化

最適な処方条件を決定し、最適な製剤を選択して開発を促進させるために、生物物理学的特性評価手法が使用されます。

製剤開発用の生物物理学的特性評価システム

長期安定性試験

製剤が臨床試験に入ると、加速(強制)劣化試験を含む長期安定性試験が実施されます。 長期にわたるサブミクロンやサブビジブル粒子の特性評価は、経時的に製剤の成分をモニターする上で重要な役割を果たします。 粒子の由来と性質を理解し、粒子が固有のものであるか、または、内在的か外来的なものであるか判断することが重要です。

生物物理学的特性評価ツールは、タンパク質構造をモニターし、熱安定性を予測し、製剤および保管条件に応じて凝集体形成を測定するために使用されます。 これらのツールには、示差走査型カロリメトリー(DSC)動的光散乱(DLS)サイズ排除クロマトグラフィー(SEC)ナノ粒子トラッキング法(NTA)などがあります。

長期的な安定性試験をサポートする分析ソリューション

Expert solutions in バイオ医薬品の製剤開発. Contact us to discuss your challenges.
お問い合わせ 会員登録