乾燥食品成分には、多くの異なる形状がありますが、通常は最終的には粉砕されるか、スプレードライで特定の粒子径に作られるかです。 パンのかさは、小麦粉の粒子径と形状の影響を受けます。

乾燥食品成分の材料特性評価により、以下のことが可能になります。

  • 一貫した粒子径の材料を生産します。
  • 形状および粒子径を測定し、材料の流動性を理解します。
  • 乾燥成分の粒子径と形状は、その成分がどのように水和または溶解するかに影響します(どのようなフレーバーにも影響します)。また、溶解した状態でのレオロジー挙動を監視して、最初の状態の粒子径および形状と対比することができます。
  • 食品バイオポリマーの分子量と構造を測定し、バルクレオロジー特性の相関関係を確立できます。

マルバーンは、乾燥食品成分の製粉およびスプレードライを最適化する際にはラボ用・製造プロセス用分析装置をご提供しております。また、粒子が凝集する様子を調べるためには、粒子形状分析装置、そして成分がどのように水和するかを理解するためにはレオメーターをご提案しております。

マスターサイザーシリーズ

ゼータサイザーシリーズ

マスターサイザーシリーズ ゼータサイザーシリーズ

世界で最もよく利用される粒度測定装置

ナノ粒子、コロイド、タンパク質のサイズ、電荷の測定に世界で最も広く用いられているシステム

詳細 詳細
技術
レーザ回折
光散乱
動的光散乱法(DLS)
電気泳動光散乱
静的光散乱