分子の発見と開発は複雑なので、製薬業界では、ワークフローのこのフェーズは、最も財政的なリスクを伴う試みであると広く認知されています。 ほとんどのリスクは失敗に由来しています。これは研究開発費の総コストの 75% を占めています。

Malvern Panalytical の高処理能力スクリーニングツールを使用すれば、化合物ライブラリーの統合管理が可能になり、科学者は各段階でより良い決定をすることができます。その結果、より費用対効果が高く、効率的で予測的な分子発見プロセスを実現します。

さらに、弊社の粉末 X 線回折装置を使用すると、結晶相の同定または「フィンガープリント」が可能です。創薬において、新規化学物質(NCE)の同定に使用されるのと同様です。 結晶学的に指数付けされた XRPD パターンは、物質の結晶構造に直接関係しているため、特許を守る上で非常に重要です。