ISO 16332によると、水滴を燃料オイルから分離するためのフィルタの効率化を示すために、継続的な粒子径解析が必要です。 以下のような用途ではレーザー回折を推奨しています。

  • 清潔ではないプロセスストリーム
  • 高圧測定
  • 爆発物を扱う業務

スプレーテックやインシテックは、高濃度測定に対応可能なレーザー回折式を採用しており、測定結果に影響を与えうる試料の希釈が不要です。 また、レーザー回折システムは石油化学業界の油中水型エマルションのモニタリングにも対応しています。

燃料フィルタは、サビ、塗料チップ、水中の非溶解物質を取り除き、エンジン内の効率的で安全な燃焼を保証します。 大きな水滴は簡単に取り除くことができますが、界面活性剤として動作する燃料添加剤が存在するため、水は多くの場合、細かいエマルションの形を取ります。 ISO16332(燃料調合の変更を受けて現在改訂中)に従ってフィルタをテストする必要があります。

インシテック レーザー回折式粒度分布測定機は、0.1~2500ミクロンを測定範囲とし、ろ過テスト装置のモニタリングの要求基準を上回る頻度(1分間に1度の平均分布)で測定します。 マルバーンは、石油化学のアプリケーションに関する幅広い知識を基に、サプライヤー様やお客様と協力し、最適なプロセス測定技術をご提供させていただきます。

Laser-diffraction particle sizing pays dividends for wet-process monitoring

Article

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

リソースを見る