形態学的画像解析は、自動静的画像解析技術を適用して、粒子材料の形態学的特性に関する完全で詳細な情報を提供します。 長さや幅などの粒度分布測定と真円度および凸度などの粒子形状評価を組み合わせることにより、形態学的画像解析は、球形粒子および不規則形状粒子を完全に特性評価することができます。 これにより、凝集物、異物およびその他の不規則物質の正確な検出を通じて試料の特性を詳細に把握することができます。 また、等価球法を使用して粒度分布を報告するその他の粒度分布測定法を相互検証するのに必要なデータも提供します。 

形態学的画像解析は、乾燥粉末、湿式懸濁液、フィルタに付着した粒子の予備分散した試料内の個々の粒子を正確に特性評価します。 測定ごとに数十万個の粒子を迅速かつ自動的に解析することによって統計的な代表分布が作成され、試料全体に関する貴重な情報が提供されます。 

静的画像解析とラマン分光法が組み合わされたMorphologically-directed Raman spectroscopy (MDRS: 形態学的ラマン分光法)技術により、粒子の化学的同一性を特定して、成分固有の微細構造の詳細を得ることができます。 ラマン分光法は、混合物中の成分を同定するのに必要とされる高度な化学的特異性を提供する手法として業界および学界全体で広く認められていて、同じ化合物の代替形態を区別することもできます。 

自動静的画像解析が提供することができる情報とは? 

単一粒子か凝集体か? 

粒子試料は、凝集体になりやすく、これは他の粒度分布測定法では簡単に検出できません。 分散している個々の粒子を輪郭形状に関して解析することで、凝集物が存在するかどうかと、どの程度存在するかを特定することができます。 

標準か細長いか? 

粉砕により粒子形状と粒子径が変わることがあり、これは材料の処理挙動および最終特性に影響を及ぼします。 伸長率や真円度などの形状パラメータを測定することにより、試料の全体的な形状をモニタリングして、必要に応じてプロセスを変更することができます。 

粗いか滑らかか? 

粉末の流動性と研磨粉の有効性はどちらも粒子の表面組織の影響を受けます。 粒子形状パラメータは、粉末がホッパーに付着しやすいかどうかや、研磨粉が摩耗したかを評価するのに役立ちます。 

明るいか暗いか? 

鉱物試料は、通常、異なる粒子タイプの混合物を含んでいます。 グレースケール画像を使用して粒子の表面を通過する光の量または粒子の表面から反射される光の量などの物理的特性を測定することで粒子を区別することができます。 

画像解析の代表的な用途は、以下とおりです。 

医薬品開発

原薬(API)および添加剤の粒子径と粒子形状は重要な材料属性です。これらは、先発医薬品と後発医薬品の両方で処方開発中およびプロセスのスケールアップ中に理解し制御する必要があります。 Malvern Panalyticalモフォロギシステムは、これを実現するのに必要なデータを提供し、ジェネリック医薬品の試験管内生物学的同等性を確立するのに必要な成分固有のAPI粒子径も測定できるため、関連する臨床試験コストを最小限に抑えることができます。 

スプレー乾燥

スプレー乾燥技術は、必要な流動性を提供する粒子径および粒子形状の粒体を生成するのに一連の製造業で採用されています。 Malvern Panalyticalモフォロギシステムは、統計的に関連性のあるデータを提供し、プロセスの最適化をサポートし、これらの期待に確実に応えます。 

エネルギー貯蔵/電池

形態学的情報を使用して、電極粉末の属性を電池性能と相関させて、製品開発をサポートしたり、最終製品の品質を保証したりすることができます。 Malvern Panalyticalモフォロギシステムは、電池性能の基礎となる電極材の化学成分と構造に関する情報も提供します。 

粉末冶金

粒子径や粒子形状などの金属粉特性は、最終的な品質と性能に影響するため、粉末冶金プロセスにおいて非常に重要です。 Malvern Panalyticalモフォロギシステムは、最適な一貫性のあるトレーサブルな粉体供給を保証し、コストがかさむ部品故障のリスクを低減するために、金属粉生産業者と部品メーカーにより使用されています。 

法科学

法医学的解析には証跡を解釈するために物理的情報と化学的情報が必要です。 Malvern Panalyticalモフォロギシステムが提供する粒子径、粒子形状、化学的情報により、汚染物質を特定したり、偽造医薬品や違法薬物を検出したり、犯罪現場からの土壌やその他の残留物を検査して、調査プロセスをサポートすることができます。 

建材

セメントは鉱物と添加材の複雑な混合物で、その成分固有の粒子特性は最終製品の性能に影響します。 Malvern Panalyticalモフォロギシステムは、セメント配合物中の個々の成分の粒子径および粒子形状をバッチ間または製品間で完全に特性評価および比較することができるため、製品開発や生産上の問題を解決するのに役立ちます。 

採鉱および鉱物資源

地質堆積物の形態特性は、自然災害の程度を調査して、将来の環境事象の影響を予測するのに役立ちます。 粒子特性は、切削および研磨工具で使用する研磨用鉱物の有効性の判断にも役立ちます。 Malvern Panalyticalモフォロギシステムは、これらの課題に対応するのに必要な、統計的に関連性のある成分固有の粒子データを自動的に生成します。