PFTNAの概要

パルス高速熱中性子活性化(PFTNA)技法では、安全で堅牢なインラインプロセス管理用に、非常に代表的な元素分析がリアルタイムで迅速に実現します。 この技法は、さまざまな産業で高速なオンラインプロセス管理を有効にするために使用されることが増えています。 PFTNAでは、通過するベルトコンベアのほぼ完全なフローを測定し、数分で組成分析が可能になります。 最近の開発では、PFTNA技法を使用して、ドリル穴と発破孔、およびプロセスビンで組成を測定しています。

PFTNAとその動作原理

PFTNAでは電気チューブを使用して中性子のパルスフローを提供し、通過する材料の原子核にそれを作用させます。 それに反応して、原子は特徴的なエネルギーレベルでガンマ線を放出します。 このガンマ線をシンチレーションディテクタと高速エレクトロニクスで測定し、放出ガンマ線のスペクトルを収集します。 スペクトルは解釈されて、元素濃度が判断されます。 電気中性子源の使用により、ライフサイクル全体で中性子が常に生産され、システムの分析パフォーマンスの安定性が保証されます。 この特性により、オンサイトでは実行が難しくなることが多くて、常に実稼働に有害な定期較正操作の回数が減ります。  

電気中性子源の使用により、ライフサイクル全体で中性子が常に生産され、システムの分析パフォーマンスの安定性が保証されます。 この特性により、オンサイトでは実行が難しくなることが多くて、常に実稼働に有害な定期較正操作の回数が減ります。

PFTNAの利点

  • 材料の化学的性質を迅速に判断し、高速プロセス管理が可能 
  • 非常に代表的なデータ 
  • サンプリングがコスト高であるか難しい場所で非常に効果的 
  • 環境的にもオペレータ的にも安全 
  • 厳密なプロセス管理とプロセス異常値の回避によるコスト節約 
  • 放射性同位元素ベースの装置とは異なり、PFNTA中性子源は、プラント要員が付近を通過するたびに、またはメンテナンスが必要なときにオフに切り替えることができます。 プラント要員の放射線被曝は、ほぼ正常レベルまで下がります。 パルス高速熱中性子活性化を使用するMalvern Panalyticalの産業ソリューションでは、セメント、石炭および幅広い鉱業産業にリアルタイムのプロセス管理ソリューションが提供されます。 

パルス高速熱中性子活性化の産業ソリューション

Malvern PanalyticalのCNAクロスベルト分析装置では、セメント、鉱業、石炭産業にリアルタイムの元素分析が提供されます。

CNA Pentos-Cementではサンプリングタワーを置き換え、テストと調製の労働を減らして研究室コストを節約し、原材料供給のカスタマイズによって研削効率を改善し、エネルギーコストを削減して、原料混合物の添加物をリアルタイムで制御できます。 添加物の使用量は減り、原材料ミル生産の品質は改善します。

CNA-Nickelの利用により、ニッケル鉱業と採取事業は、処理工場への出荷前と処理工場への到着前に、原鉱の品質と水分の管理から恩恵を受けます。 ニッケル含有量によって材料を分類し、備蓄品の均質化を最適化できます。

CNA range

CNA range

Online elemental analyzers for effective control of many industrial processes

詳細
測定 化合的同定, Elemental analysis, Contaminant detection and analysis, Elemental quantification
精度 1% (結露なし)
技術 パルス高速熱中性子活性化

CNA range

CNA range

Online elemental analyzers for effective control of many industrial processes

詳細
測定 化合的同定, Elemental analysis, Contaminant detection and analysis, Elemental quantification
精度 1% (結露なし)
技術 パルス高速熱中性子活性化

CNA range

CNA range

Online elemental analyzers for effective control of many industrial processes

詳細
測定タイプ
化合的同定
Elemental analysis
Contaminant detection and analysis
Elemental quantification