X線画像処理

ヴィルヘルム・レントゲンによって発見されたX線の最初の応用のひとつが、物体や人体各部の内部画像を撮影できることでした(これがのちにX線写真法と呼ばれるようになります)。 以来、この技法は医療から材料科学まで、安全対策から文化遺産までと幅広い分野で用いられています。

X線の高い透過力を活かす技法がいくつかあります。 Empyrean回折装置とハイブリッドピクセルディテクタPIXcel3DおよびGaliPIX3Dを使用すると、次に挙げるX線画像処理技法を実現できます。

  • X線写真法
  • コンピュータ断層撮影法
  • X線トポグラフィー
X線回折装置(XRD)Empyreanシリーズ

X線回折装置(XRD)Empyreanシリーズ

分析ニーズに対応する多目的ソリューション

詳細
詳細
技術
X-ray Imaging
X-ray Diffraction (XRD)
測定タイプ
粒子径
粒子形状
結晶構造の解析
相同定
位相の定量化
汚染物質の検出と分析
エピタキシー分析
界面粗さ
3D構造/画像処理