X線写真法は、対象の内部構造を視覚化できるX線画像処理技法です。 X線の吸収率は、対象に含まれる各部の密度や組成に左右され、これによりX線写真にコントラストが生まれます。

X線写真法は、X線を用いて開発された初めての技法です。 実際、X線の発見後まもなくレントゲンによって行われた初期の実験のひとつでは、妻の手の画像が撮影されています。 医療への応用によって20世紀と21世紀に花開いたX線写真法は、現在でも世界中の病院で幅広く用いられている強力なツールです。 

さらに、コンピュータ断層撮影法の基本技法として材料科学の分野でも用いられています。