粉末冶金は、金属粉から金属部品を製造するために用いられる多くのプロセスの総称です。 主要なプロセスは以下のとおりです。

  • プレスと焼結 
  • 3D プリント
  • 金属射出成形
  • 熱間等/冷間等静圧圧縮成形

すべての粉末冶金プロセスに共通するのは、金属粉を使用することです。したがって、粒子サイズ粒子形状、材料の構造、表面状態などの粉末の特性が重要なパラメータとなります。 粒子サイズ分布および粒子形状は、粉体流の特性および粉末充填に影響するので特に重要です。これらは、プロセスにとって重要であり、素地および焼結したコンポーネントに必要な強さと密度を達成するためにも重要です。

金属粉または合金粉の結晶構造および元素組成は、焼結特性および粉末の硬度に影響するので、こうした微細構造も重要です。残留応力の有無など、最終コンポーネントの化学的、物理的特性も重要になります。 金属射出成形のようなプロセスでは、供給材料がポリマー/ワックス内に粉末で分散しています。供給材料のレオロジー特性が重要になり、粒子サイズ、粒子形状、濃度などの多くの要素に影響を受けます。さらに、分子量および分子構造などの結合剤の特性も影響を受けます。

Malvern Panalytical の、粉末冶金用および金属 3D プリント用ソリューションの詳細については、弊社の粉末冶金のカタログをダウンロードしてください。