粒度、粒子径だけでなく粒子形状も製品特性や製造工程において大きな影響力を持つ可能性があります。 例えば、以下のように製品性能の向上・改善に粒子形状の特性を応用できる場合があります。

  • 錠剤や懸濁液中の薬品粒子のバイオアベイラビリティ
  • 金属や焼結セラミックの材料強度
  • トナーやハンダの印刷機への品質影響
  • クロマトグラフィー カラムの充填挙動
  • 無機材料コーティングの最終工程品質
  • ソーラーパネル製造用 SiC 研磨剤の切断性能

Malvern Panalyticalでは、0.5ミクロンから数ミリメートルの湿式および乾式分散サンプルの粒子形状を測定できる画像分析技術をベースとした、さまざまな粒子特性評価装置を提供しています。