法医学的分析

犯罪の捜査やその他の法的手続きに関連する証拠の発見や資料の調査には、さまざまな分析ツールと手法が採用されています。 そのような法医学的証拠は、生体試料、堆積した微量物質および残留物または汚染物質、偽造または偽物質の形をとることがあります。

法医学研究で使用される分析装置は、これまで以上に感度が高くなり、新しい情報と詳細レベルの向上を提供するように進化し、法的な調査に新しい可能性を開きました。

形態学的に指示したラマン分光(MDRS®)は、自動粒子画像解析とラマン分光法を1つの装置に組み合わせたものです。 これにより、粒子径粒子形状の分析が化合的同定とともに提供され、混合物内の複数の成分を区別したり、試料中の汚染物質粒子を検出したりするのに非常に役立ちます。 物体または物質の識別、その発生源の特定、または汚染に起因するその完全性の変化の検出に役立つ独特の署名を提供します。 Malvern PanalyticalのMorphologi 4-IDソフトウェアからWileyのKnowItAll® ID Expertに未知の粒子のラマンスペクトルを直接エクスポートすると、その広範な化学データベースにより、MDRSによって取得される情報が強化されます。

MDRSは、以下のさまざまな法医学的証拠タイプを調査するために使用できます。

お問い合わせ 会員登録