特性評価を行う場合、測定対象によっては粒子径粒子形状などの物理的特性だけでなく、粒子の化学種(官能基など)が重要になる可能性があります。

  • 吸入薬などの混合物の成分特性評価を行う場合
  • 製造工程における生産サンプル内の異物、コンタミネーションの特定を行う場合
  • 未知粒子サンプルの特定を行う場合

Malvern Panalyticalは、自動画像分析による高解像度の粒子径と粒子径状測定、およびラマン分光法による高精度な化学物質の特定技術を組み合わせて、粒子サンプルの化学的同定を行うための高度な装置を開発しています。