XRFとICP向けサンプルプレパレーション

正確なXRF分析を目的とした容易なサンプルプレパレーション

蛍光X線(XRF)を使用して高品質化学分析を実行するには、適切なサンプル前処理が不可欠です。 ルースパウダー法、加圧ペレット、ガラスビート法、固形サンプルまたは液体試料、どのようなサンプルを評価するにしても、XRF向けサンプル調製に適切な方法を模索することが、正確で再現可能な結果を達成する上で最初の最重要ステップです。 

サンプル調製により、分析結果の精度は大幅に高まります。その他の分析技法とは異なり、XRF分析では、複雑なサンプル調製作業が必要ありません。 サンプル調製方法は、安価で直接的で高速であり、習得と自動化が簡単です。 オペレータは、研究室でその他の価値ある作業を行うことができます。

Malvern Panalytical – サンプル前処理のパートナー

XRF分析の先駆者であり、世界的なリーダーであるMalvern Panalyticalは、サンプル前処理のあらゆるステップをサポートする理想的なパートナーです。 数十年にわたるアプリケーション経験により、Malvern Panalyticalは、すべてのXRFサンプル前処理技術開発の最前線に立ち、あらゆるXRFサンプル前処理要件を満たすために必要な知識を備えています。

claisse.png

Claisse - 溶融によるサンプル調製の世界的リーダー

Claisse 2014年にMalvern Panalyticalのチームに参加しました。 それ以降、両社は相乗的に働き、XRF分析の分野でさまざまな製品と大量の知識を提供しています。 

ガラスビート法とは?
ガラスビード法は、1950年代半ばに開発されたサンプル前処理方法です。 プラチナ、ジルコニウム、グラファイトのいずれかのるつぼを選択し、適切な溶剤(フラックス)で、完全に酸化したサンプルを高温で溶融します。 この溶融混合物を白金皿に鋳込み、XRF分析用のガラスビードを作成します。 また、酸を入れたテフロンビーカーに溶融混合物を注ぐことで、AAまたはICP分析用の溶液を作成できます。

研究室でガラスビート法を使用する理由
この万能な技法には、加圧ペレットなどのその他のサンプル前処理方法と比較すると、多くのメリットがあります。 

ガラスビート法のメリット

  • 高精度で再現可能な結果
  • ポリマーから鉄合金までの幅広いサンプルをガラスビード化 
  • 簡単、高速、効率的
  • 費用効率が非常に高い
  • クリーンで安全
  • 分析結果に鉱物効果と粒子サイズの影響なし
  • マトリックス補正の調整と適用が簡単