粒子濃度の測定は、さまざまな用途において求められています。 多くの場合、サンプルの濃度は製品の性能や薬物投与ベクターに対する生物学的反応などにも影響するため、粒径を把握しているだけでは十分ではありません。 また、EUのナノ材料の定義により粒子濃度を測定する必要性が高まっています。 この定義では、個数分布により100nm以下の小さい粒子を50%以上含むサンプルがナノ材料として識別され、規制される必要があると規定しています。

次のようなさまざまな用途において、粒子濃度の測定が非常に重要になっています。

  • バイオファーマ(ワクチンを含む)の開発、製造および品質保証(ウィルスの滴定量がウィルス投与量とワクチンの最終的なパフォーマンスに関連する場合)
  • タンパク質凝集の研究(加速ストレス試験および安定性の調査)
  • 事前充填式注射器の凝集調査での目に見えないタンパク質凝集とシリコンオイルの飛沫の分化と濃度の測定
  • 薬物に対する生物学的反応が薬剤の投与ベクターの濃度と粒径に影響を受ける可能性のある薬物投与
  • エクソームとマイクロベシクルの研究。特定のエクソームとマイクロベシクルの濃度が病気の発生の指標になるため、病気の診断分野での関心が高まっています。  
  • ナノ粒子毒物学。生物学的または生態学的環境内の粒子の濃度は、毒物学的観点からナノ粒子に対する生物学的反応に影響を与えます。
  • EUのナノ材料定義に応じた法的規制。粒子数に基づく分布により、ある材料がナノ材料として分類されるかどうかを決定します。

Malvern Panalyticalは、粒子濃度を測定するナノ粒子トラッキング法(NTA)共振式質量測定法(RMM)と呼ばれる2つの独自の技術を提供します。 これらの2つの技術は、粒径、単一粒子のゼータ電位、粒子質量測定、および粒子蛍光などのさまざまな補完的測定にも利用できる幅広い範囲の濃度と粒径に対して濃度測定を可能にします。