電気泳動光散乱法(ELS)は、分散媒中の粒子または溶液中の分子の電気泳動移動度を測定する際に使用される手法です。 この移動度は異なる条件下での物質を比較できるように、ゼータ電位に変換されることがよくあります。

基本的な物理的原理は電気泳動のものと同じです。 分散液は2つの電極を含むセルの中に導入されます。 電場が電極に印加されることで、電荷やゼータ電位を持つ粒子や分子は移動度として知られる速度で、帯電とは逆の電極に向けて移動します。

Malvern Panalyticalは電気泳動移動度の測定装置で業界をリードしています。 Zetasizer Nanoは、独自のディスポーザブルキャピラリーセルでサンプル間のクロスコンタミネーションを防いでおり、簡単、高速、高精度にゼータ電位を測定できます。 NanoSight NS500は、静電ポテンシャルを粒子単位で測定することによって、濃度ではなく個数に比例したデータを生成して、大型粒子へのバイアスを回避します。