OmniSEC Resolve

ポンプ、デガッサー、オートサンプラー、カラムオーブンを組み合わせ、高品質GPC/SECと正確な分子量測定を実現。

OmniSEC ResolveはOmniSEC Revealと組み合わせて、絶対分子量、固有粘度、その他のパラメーターを測定するための完全なOmniSEC GPC/SECソリューションを形成します。 内蔵ポンプ、デガッサー、オートサンプラー、カラムオーブンを1台のユニットに組み込んでいます。

カタログダウンロード
見積依頼 デモ依頼 お問い合わせ

概要

OmniSEC Resolveは、GPC/SECを30年に渡って行ってきた経験に基づき、クロマトグラフィーのパフォーマンスにおいて可能な限り高い目標を達成するために設計されました。 効率的なデガッサー、低脈動ポンプ、カラムオーブンを組み合わせることで、ベースラインノイズを低減し、測定感度と精度が最大化されます。

OmniSECソフトウェアおよびハードウェアプラットフォームに完全に統合されており、単一ベンダーから完全なGPC/SECソリューションを提供します。 
ポンプ、デガッサー、オートサンプラー、カラムオーブンを1つのモジュールに統合しました。

  • OMNISECシステムのすべてのコンポーネントは、Malvern Panalyticalによって設計および製造されており、完全なサンプル特性評価を実現するために最適化されています
  • ResolveはGPC/SEC分離専用に設計されており、妥協することなく最適なパフォーマンスを提供することに重点が置かれています
  • ユーザートレーニングは、1つのユニットとオペレーティングシステムを学習するだけで改善されます
  • サポートおよびサービス要件に関する単一窓口


低脈動ポンプと効率的なデガッサーにより、検出器ベースラインの安定性が向上しました。 

  • このポンプとデガッサーの強力な組み合わせにより、優れた流量安定性が得られ、Revealで優れた検出器信号をもたらします
  • 検出器信号の安定性を改善することで、低濃度の低分子量サンプルを直接測定できます


低容量デガッサーで溶媒を迅速に切り替え、システムの生産性を最大限まで高めます。 

  • 高効率の低容量デガッサーは、わずか960 µlです。 これにより、性能を損なうことなく、迅速な溶媒切り替えが可能になります


バイアルまたは96ウェルマイクロタイタープレートからの注入量が少ない、または、廃棄が出ない注入のため、サンプル使用量を削減できます

  • サンプルはとても貴重であり、誰も無駄にしたいとは思っていないことを理解しています
  • ゼロウェイスト注入モードを使用すると、すべてのサンプルがカラムにロードされ、廃棄が出ないうえに最高の感度が得られます
  • 標準の部分ループ注入または全ループ注入を使用する場合でも、これらのオプションは引き続き使用可能で、ユーザーが選択できます
  • 標準のSECバイアルまたはマイクロタイタープレートからサンプルを注入して、システムの柔軟性と生産性を最大限に高めます


温度制御オートサンプラー(4oC~60oC)により、熱に不安定なサンプルを保護します。
カラムオーブンとオートサンプラーの温度制御により、DMFやDMSOなどの粘性溶媒で分離できます。

  • すべてのシステムには標準で温度制御範囲が含まれているため、追加の予算は必要ありません
  • サンプルが高温で分解したり、高温でない場合に溶液が落下したりする場合でも、OmniSECは温度制御環境として完全な分離チェーンを提供します
  • 温度制御により、最適なベースライン安定性が確保され、さらに、サンプルが最適な状態で検出器に到着します


連続ポンプシールバックウォッシングにより、サービス要件を低減します

  • 溶媒は、SECポンプのバックシール上で連続的に洗浄され、蓄積される可能性のある沈殿物を洗い流して、ポンプコンポーネントの摩耗を低減します
  • サービス要件を削減することで、システムの稼働時間を最大限に高めます

動作

GPC/SECは、サイズに基づいてサンプルを分離し、得られた分離物を分析する2段階の分析プロセスです。 この技術により、分子量、分子サイズ、構造情報が提供され、これらすべてによって工業的に重要な材料の性能が定義されます。 Malvernは、OmniSEC Resolveの効率的なサンプル分離とOmniSEC Revealが提供する完全に最適化されたマルチ検出器の情報豊富な分析を組み合わせることで、新しい天然および合成ポリマー、医薬品、バイオ医薬品、食品を開発する研究者および処方者向けの市場をリードするソリューションを開発しました。

仕様

システム

ポンプ流量 0.005~10 mL/分
フローレート精度 ±1%
最大許容圧力 0~5000 PSI(34.5 MPa)
流速正確性 0.15% @ 1 mL/分(水のとき)
寸法(W x D x H) 420、640、890 mm
重量 62 kg
ソフトウェア OmniSECソフトウェアv10(またはそれ以降)
データー取得速度 100 Hz

オートサンプラー

容量 最大192
サンプルコンテナタイプ HPLCバイアルまたは96ウェルマイクロタイタープレート
注入量 1~300 µL
注入量正確度 >99.5%
注入量精度

<0.3% RSD(フルループモード)

<0.5% RSD(部分ループモード)

<1% RSD(µLピックアップモード)

インジェクションオーバーヘッドボリューム 0 µL(µLピックアップモード)
シリンジボリューム 250 µL標準
温度制御範囲 4~60 °C

カラムオーブン

カラム数 分析用 x 6(Tricorn 10/300 GL x 1)
温度制御範囲 20~65 °C

使用環境

温度 15~30 °C

ソフトウェア

最低限のコンピュータの仕様 Windows 7 Professional 64 bit、第4世代Intel(R) Core I7プロセッサ(Quad Core HT、3.4 GHz Turbo、HD Graphics付き)、8 GB 1600 MHz DDR3メモリ、500 GB 3.5インチSATA(7200 RPM)HDD、Full-HDモニター