概要

OmniSEC Resolveは、GPC/SECを30年に渡って行ってきた経験に基づき、クロマトグラフィーのパフォーマンスにおいて可能な限り高い目標を達成するために設計されました。 効率的なデガッサー、低脈動ポンプ、カラムオーブンを組み合わせることで、ベースラインノイズを低減し、測定感度と精度を最大限に向上させています。

  • 最適化されたイソクラティックポンプにより、きわめて優れた流速安定性を実現し、あらゆる検出器のベースラインノイズを低減します。
  • 内蔵バックフラッシュ洗浄機能が、ポンプシールを塩分沈殿から自動的に保護するため、製品寿命が伸びます。
  • 小容量デガッサーは、溶媒や緩衝液のすばやい交換を実現します。
  • 脱気の効率が向上するため、検出器ベースラインがさらに安定します。
  • 内蔵カラムオーブンは、最高温度65°Cまで加温可能で、安定した温度を維持します。
  • ゼロ注入量オーバーヘッドモードを備えたオートサンプラーにより、貴重な試料を無駄にせずに済みます。
  • バイアルまたは96ウェルマイクロタイタープレートによる、きわめて正確な試料注入。
  • タンパク質などのデリケートな試料は4°Cまで冷却し、凝集や劣化を防ぎます。
  • 最高60°Cの加熱により、DMSOなどの高粘度溶媒の溶媒粘度を下げることができます。

動作

溶解ガスは、ポンプによってデガッサーに取り込まれて移動相から除去され、オートサンプラーとカラムオーブンに送られます。 オートサンプラーは、バイアルまたはマイクロタイタープレートから試料を取り込み、移動相、そしてカラムに注入します。 溶解している試料は多孔性の物質が充填されたカラムを通り、各分子が細孔を出入りして拡散します。 大きめの分子はより多くの細孔から排除されるため、より速くカラム内を通り、より早く溶出し、小さめの分子はそれより後に溶出します。 その結果、流体力学的サイズごとに分離され、検出器で測定されます。

仕様

システム

ポンプ流量:
0.005~10 mL/分
フローレート精度:
±1%
最大許容圧力:
0~5000 PSI(34.5 MPa)
流速正確性:
0.15% @ 1 mL/分(水のとき)
寸法(W x D x H):
420、640、890 mm
重量:
62 kg
ソフトウェア:
OmniSECソフトウェアv10(またはそれ以降)
データー取得速度:
100 Hz

オートサンプラー

容量:
最大192
サンプルコンテナタイプ:
HPLCバイアルまたは96ウェルマイクロタイタープレート
注入量:
1~300 µL
注入量正確度:
>99.5%
注入量精度:

<0.3% RSD(フルループモード)

<0.5% RSD(部分ループモード)

<1% RSD(µLピックアップモード)

インジェクションオーバーヘッドボリューム:
0 µL(µLピックアップモード)
シリンジボリューム:
250 µL標準
温度制御範囲:
4~60 °C

カラムオーブン

カラム数:
分析用 x 6(Tricorn 10/300 GL x 1)
温度制御範囲:
20~65 °C

使用環境

温度:
15~30 °C

ソフトウェア

最低限のコンピュータの仕様:
Windows 7 Professional 64 bit、第4世代Intel(R) Core I7プロセッサ(Quad Core HT、3.4 GHz Turbo、HD Graphics付き)、8 GB 1600 MHz DDR3メモリ、500 GB 3.5インチSATA(7200 RPM)HDD、Full-HDモニター