どのようなフレーバーエマルションまたはカラーエマルションの配合も、粒子径と荷電を見ることによって最適化することができます。 これは最終的な用途における外観(不透明性)および安定性に影響します。 たとえばビールの泡の構造は、レオロジーを用いて評価できます。

エマルションベースの飲料配合物(クリームリキュール、カラーエマルション、フレーバーエマルション)の特性評価を分析することで、保存期間の理解、制御、最適化が可能になります。

  • 保存期間は配合を最適化することによって延ばすことができ、時間経過により粒子径がどのように変化するかによって、製品の沈殿やクリーム分離を減らすことができます。
  • 砂糖の結晶は一部のフレーバーにおいては問題となりますが、粒度分布測定により、問題となる前にオーバーサイズの粒子を見つけることができます。

マルバーンは、エマルションベースの飲料および飲料添加物の開発にご利用いただける分析装置を提供しています。

マスターサイザーシリーズ

マスターサイザーシリーズ

世界で最もよく利用される粒度測定装置

詳細
測定 粒子サイズ
測定範囲 0.01µm - 3500µm
技術 レーザ回折
分散タイプ 湿式, 乾式, 湿式・乾式

ゼータサイザーシリーズ

ゼータサイザーシリーズ

ナノ粒子、コロイド、生体分子の粒子径、粒子荷電(ゼータ電位)の測定で世界で最も多く用いられているシステム

詳細
測定 分子サイズ, 分子量, 粒子サイズ, ゼータ電位
測定温度範囲 0°C - 120°C
測定範囲 0.3nm - 10µm
技術 光散乱, 動的光散乱法(DLS), 電気泳動光散乱, 静的光散乱
分散タイプ 湿式
サンプル セルタイプ Cuvette
Molecular Measurement Type Chromotography, Batch measurement

マスターサイザーシリーズ

マスターサイザーシリーズ

世界で最もよく利用される粒度測定装置

ゼータサイザーシリーズ

ゼータサイザーシリーズ

ナノ粒子、コロイド、生体分子の粒子径、粒子荷電(ゼータ電位)の測定で世界で最も多く用いられているシステム

詳細 詳細
測定 粒子サイズ 分子サイズ, 分子量, 粒子サイズ, ゼータ電位
測定範囲 0.01µm - 3500µm 0.3nm - 10µm
測定温度範囲   0°C - 120°C
技術 レーザ回折 光散乱, 動的光散乱法(DLS), 電気泳動光散乱, 静的光散乱
分散タイプ 湿式, 乾式, 湿式・乾式 湿式
サンプル セルタイプ   Cuvette
Molecular Measurement Type   Chromotography, Batch measurement

マスターサイザーシリーズ

ゼータサイザーシリーズ

マスターサイザーシリーズ ゼータサイザーシリーズ

世界で最もよく利用される粒度測定装置

ナノ粒子、コロイド、タンパク質のサイズ、電荷の測定に世界で最も広く用いられているシステム

詳細 詳細
技術
レーザ回折
光散乱
動的光散乱法(DLS)
電気泳動光散乱
静的光散乱