柔軟な構成が可能な AxiosmAX

AxiosmAXには、Axios シリーズプラットフォームが持つ革新的な設計上の特長がすべて搭載されています。この特長により、優れた分析性能、操作性、サンプルスループット、装置の稼働率に加え、分析の可用性が実現されています。AxiosmAX にはさまざまなオプションが用意されているため、特定のお客さまや業界の要件に合わせた仕様のアップグレードが可能です。

柔軟な構成が可能な AxiosmAX

優れた性能

  • 出力を2.4 kWから3.0 kWまたは4 kWにアップグレードすることで感度の向上が可能
  • 特定のアプリケーションで最高の性能を実現可能な各種X線管球アノード材(Rh (標準)、Cr、Mo、Au)
  • 遷移金属分析で優れた感度および広いダイナミックレンジを実現するハイパーXeシールド検出器
  • 重元素での広いダイナミックレンジ(最大3.5 Mcpsのリニアリティ)を実現し、鋼に含まれるNbおよびMoの精密分析を可能にするHiPerシンチレーション検出器
  • 優れた分析感度、分解能、および元素範囲を実現する各種コリメータと分光結晶(軽元素分析用のPXシリーズ多層結晶や、Al~Cl元素分析用の湾曲結晶など)
優れた性能

使いやすさの向上

  • 標準サンプルサイズのハイスループットアプリケーションに対応するオプションの大容量チェンジャベッド(Ø 40 mmサンプル140個またはØ 32 mmサンプル209個など)
  • 迅速かつエラーフリーのサンプル装填およびデータ入力を実現するサンプルチェンジャのバーコードリーダーオプション
  • 6 mm~37 mmの広範なサンプルサイズの分析に対応する3および6ポジションのプログラム可能なコリメータマスク
  • セメント(CEMOXI)、ワイドレンジ酸化物(WROXI)、ポリマー(ADPOL、TOXEL、RoHS)、金属(NiFeCo、Cuベース)、および広範な石油化学アプリケーションなど、フルラインアップのアプリケーションセットアップモジュール
使いやすさの向上

優れたサンプルスループットおよび装置稼働率

  • サンプル測定間の装置稼働時間を削減してサンプルスループットを向上する連続装填モード
  • サンプルチェンジャの装填時間を短縮して、サンプル1個当たりの合計分析時間を最小限に抑えることが可能なダイレクトローディングモード
  • 装填動作中にサンプルから粉塵を除去し、サンプル分析対象エリアへの粉塵の侵入を最小限に抑え最高の装置稼働率を実現するダストリムーバルデバイス
  • 最大2つの軽元素(B、C、N、Na、Mg)を同時測定して合計分析時間を最小限に抑えることが可能なHiPer チャネル
  • X線管球の耐久性と耐腐食性を高めるCHI-BLUE X線管球ウィンドウコーティング
優れたサンプルスループットおよび装置稼働率

特定のサンプルサイズで標準化されたハイスループットアプリケーションの場合は、AxiosmAXに大容量サンプルチェンジャベッド(Ø 40 mmサンプル140個またはØ 32 mmサンプル209個など)を装備できます。 AxiosmAXは、出力を2.4 kWから3 kWまたは4 kWにアップグレードすることで、感度を向上させることができます。また、軽元素分析に使用可能な各種コリメータマスク、検出器、およびHiPerチャネルの中から最適なものを選択して、さらに優れた構成にすることもできます。 


サンプルハンドリング関連性能稼働率
バーコードリーダーSST-mAX (160 mA) 管球最大 2 つの固定チャネルリモート診断用の PANassist 
ダイレクトローディング          • ZETA テクノロジHiPer Scintダストリムーバルデバイス
連続装填          • CHI-BLUE コーティング高い計数率(最大4.5 Mcps)
大容量チェンジャ<br>• 209 ポジションDOPS  ゴニオメーターハイパーXe シールド検出器
Iso-watt 切り替え