水性塗料およびコーティングは、マイクロメートル以下のポリマー粒子の分散系です。 塗料とインクは、塗膜形成要素や結合剤とも呼ばれるポリマー粒子、界面活性剤、加工助剤、顔料、および場合によっては少量の溶媒を含む複数成分混合物です。

塗料は、合体と呼ばれるプロセスで塗膜を形成します。このプロセスでは、まず水分が蒸発しながら結合剤粒子が集められ、不可逆的に結合されたネットワーク構造になります。 アクリル、ビニルアクリル(PVA)、スチレンアクリルなどの合成ポリマーを結合剤として使用している塗料はエマルションまたはラテックス塗料です。

一部の塗料は、酸化架橋によって硬化します。酸化架橋では、アルキド樹脂のように、気体内の酸素に触れることで結合剤が固化します。 エポキシやポリウレタンなど、硬化の前に乾燥する必要がある塗料では、2段階のコーティングプロセスを必要とするものもあります。 産業用途で塗料を硬化させる手段としては、紫外線によるものもあります。 紫外線硬化塗料では、溶媒が最初に蒸発してから、紫外線による固化が始まります。

接着剤の特性、長時間のエージング、塗膜形成、または最終的な塗膜形成において不具合がないことは、製品のパフォーマンスにおいて重要な要素です。

マルバーンの使いやすい粒子径測定装置、ゼータ電位測定装置、レオロジーおよびイメージング測定装置は、塗料、インク、コーティングの研究に使用できます。 これらの装置と、マルバーンが有する産業とアプリケーションに関する専門知識は、以下のことに役立ちます。

  • 水性分散系の粒子径と多分散性の特性を評価します。
  • 製品における塗膜形成要素の電荷と水溶性成分の界面相互作用を判定します。
  • 試料基質の電荷を判別して、コーティングの電荷を最適化し、接着剤の特性を改善します。
  • コーティングの合体特性に影響する粘度特性を判別します。
  • レオロジー測定により、コーティングの展着と平準化に影響する流体の特性を評価します。