粉末塗料は、30~50 µmの粒子径を持つ乾式粉体ポリマーです。 この塗料は通常、自由流動する乾式粉体として静電的に塗布され、加熱されて固化します。 コーティング材料は、熱可塑性または熱硬化性があるポリマーです。

粉体塗料を塗布した表面には、さまざまな利点があります。 粉体塗料が放出する揮発性有機化合物はほぼゼロです。 粉体塗料は、従来の液体塗料よりも厚く重ねても、脱落や垂れがありません。 また、非常に効率的です。プロセスで塗りすぎがあっても再利用できるので、無駄が出ません。

マルバーンの使いやすい粒子径測定装置、ゼータ電位測定装置、レオロジーおよびイメージング測定装置は、パウダーコーティングの研究に使用できます。 これらの装置と、マルバーンが有する産業とアプリケーションに関する専門知識は、以下のことに役立ちます。

  • 粉体塗料の粒⼦径と多分散性を評価
  • 画像イメージングによる粉体塗料の粒子径と粒子径を解析
  • 粉体塗料材料の電荷を判定
  • ピンホール⽋落の可能性に影響する粘度特性を判別
  • レオロジー測定による塗料と流量と硬化の特性を評価