幅広いダイナミックレンジで溶融強度を試し、ポリマー成形条件をモデル化します。

  • 堅牢な実験設定による高感度法線力測定
  • 最大ホールオフ速度2000m/min
  • 溶融押出物が耐えられる最大法線力、およびストランドの伸び限度を測定可能
  • ホールオフ速度の関数、または個別のホールオフ速度における時間の関数として、溶融張力を測定
  • 押出繊維を収集して保存したり試験後の分析に使用したりするための巻き取りスプール付きのホールオフアクセサリのオプション
  • ホールオフアクセサリをレーザーダイスウェル測定と組み合わせると、伸張中に押出物の直径に関するデータを取得可能
  • 安全機能として、可動部分を保護する透明ガードや手動カットオフスイッチを提供
  • 溶融強度試験用の専用Flowmasterソフトウェアモジュール

ホールオフシステムは基本的に、レオメーターからポリマー押出物の溶融強度を測定するために使用されます。

  • キャピラリーダイからの押出物は、高精度天秤(ロードセルとして使用)に取り付けられた特殊な低摩擦プーリー装置を回り、レオメーターユニット側のモータ駆動のニップロール装置を通ります。
  • 試験では、ホールオフ速度の関数、または個別のホールオフ速度における関数として、溶融張力(応力)を測定します。
  • 巻き取りスプール付きホールオフオプションも利用できます。これにより、押出ストランドが交換式スプール上に巻き取られます。
  • 巻き取りスプールへの押出繊維を配置するには、往復式トラバースユニットに搭載された2つの非駆動PTFEガイドプーリーの間にスレッドをガイドします。
  • これにより、スプールされた繊維は、簡単に保存できるほか、他の分析手法による試験後分析に利用できます。

詳細な情報が必要な場合、またはお使いの試料の種類や測定用途に対して、どのホールオフアクセサリが適切かが不明な場合は、詳細なアドバイスや試料のテスト/評価レポートについて、マルバーンまでお問い合わせください。

ホールオフ/溶融強度:

ホールオフ/溶融強度:
ドライブ電子部品付きホールオフモーターとニップローラーアセンブリ 高精度天秤 システムスタンド ホールオフ ダイ アセンブリ (直径2.0mm × 長さ20mm × 入口角180° ) 溶融強度試験および分析用のFlowmaster ソフトウェアモジュール
最大速度:
2000m/min
ダイナミックレンジ:
>100,000:1
最大法線力:
2N
法線力分解能:
0.0001N

巻き上げスプール付きホールオフ/溶融強度:

巻き上げスプール付きホールオフ/溶融強度:
ドライブ電子部品付きホールオフモーターとローラーアセンブリ PTFE 蒸着アルミニウム 巻き上げドラム(直径125mm ) 高精度天秤 システムスタンドとカバー ホールオフ ダイ アセンブリ (直径2.0mm × 長さ20mm × 入口角180° ) 溶融強度試験および分析用のFlowmasterソフトウェアモジュール
最大速度:
2000m/min
ダイナミックレンジ:
>100,000:1
最大法線力:
2N
法線力分解能:
0.0001N
消耗品:
ディスポーサブルカードボード巻き上げドラム(直径125mm)(20パック)
レオメーターモデル:
ロザンドRH7/10のみ
バレルサイズ:
12mm、15mm、19mmキャピラリーバレルのオプション